心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 01日

ストレスがなぜその部位を選ぶのか?

むかし、背中を強く打たれたTさんは疲れが溜まってくるときまってその部位(右肩甲骨の少し下)が痛みます。

ヘルニアのAさん(実は右梨状筋と前脛骨筋などのトリガーポイント症状なのですが)4年前の痛み出す少し前にスノーボードで右の臀部を強打しています。

下腿にできたトリガーポイントは梨状筋の関連痛の中に生じたサテライトTPと理解すればいいと思います。

また、10日前より左臀部痛~下肢痛で治療中のBさんも同じく臀部を強打した経験があるということです。Bさんも臀部筋群、下腿伸筋群のTP症状なのですがMRIでヘルニアが確認されています。10日前はつかまってかろうじて歩行していましたが今では自力で歩行できます。立ち座りにまだ痛みがありますが。

2年前に遊園地のボートの滑り台で頚をいためたCさんはそれ以来、頚の筋群に強い緊張があります。

鞭打ちで頚をいためると(たぶん胸鎖乳突筋)、何年後も「疲れると頚が痛くなる」というのはよく耳にすることです。
___________________

筋肉のミクロの損傷は運が悪いと拘縮を起こし筋硬結となって残ってしまうのかもしれない。一旦は不活性化して症状は治まってもそれ自体は残っているので、ちょっとした刺激やストレスで活性化するのかもしれない。

痛みが続くと神経回路の可塑的変化が生じるともいわれている。

筋肉にも筋硬結という形で記憶され脳にも記憶されるということか。

このように考えると、「単なる打撲」とか「単なる捻挫」とかというのは・・・

従来の習慣では外傷当初は安静を指示するが、本当にそれが正しいのだろうか。私は当初から積極的に局所麻酔を注射して痛みをとってやり可能な範囲で動くことをすすめている。
[PR]

by junk_2004jp | 2006-06-01 07:51 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(5)
Commented by elly at 2006-06-01 18:24 x
>筋肉のミクロの損傷は運が悪いと拘縮を起こし筋硬結となって残ってしまうのかもしれない。一旦は不活性化して症状は治まってもそれ自体は残っているので、ちょっとした刺激やストレスで活性化するのかもしれない。

痛みが続くと神経回路の可塑的変化が生じるともいわれている。

筋肉にも筋硬結という形で記憶され脳にも記憶されるということか。

激しく同意します。
こういうことって、科学的にまだ解明されていないでしょう?だから、お医者様はなかなかおっしゃってくださらないけれど、自分の体の感覚からまさにこう感じます。
筋硬結をゆるめるお薬が出来たら、今の整形外科の領域の病気や怪我って、かなりの部分解決するのではないかしら??と思います。
なんか、画期的なのできないでしょうか。
Commented by junk_2004jp at 2006-06-02 01:05
そうですね。
Commented by sansetu at 2006-06-02 09:03
可塑的変化を認めると、これも「構造原因説」に匹敵する不安・ストレス材料となりますね。
Commented by keisyan at 2006-06-02 09:19
>可塑的変化を認めると、これも「構造原因説」に匹敵する不安・ストレス材料となりますね。

それが問題だ!
そうならない人もいるわけで・・・その人は運がいいのか?
Commented by junk_2004jp at 2006-06-02 10:27
慢性痛の最先端の生理学ではそのように説明してますね。

生物が進化するということは、そういうことなのかなとも思います。

やはりパソコンの履歴のように消せないものなのかもしれません。(履歴は消せるか^^・・・消したと思っていても特殊な高度なテクニックでわかるのでしょうか。)



<< 神経回路の可塑的変容      頚部痛、拇指のしびれ >>