心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 15日

慢性痛とトリガーポイント

Bonicaは「急性の疼痛は痛みの源が末梢の構造にあり、見つけやすく治療しやすい。一方、慢性疼痛症侯群は、大脳皮質、特に頭頂葉の機能障害の緒果である」と述べている。

慢性疼痛症侯群には末梢的な要素もあるので、臨床家は患者の大脳皮質に疼痛のパターンが発生するのを防ぎ、遅らせる役割を担っている。いったん疼痛パターンが大脳皮質に焼き付くと、それを変えることはきわめて困難である(209ぺ一ジの訳注1参照)。

トリガーポイント筋筋膜療法は、そのような末梢の疼痛に対する有望な対処法、あるいは解決法を提供しているのである。

訳注1:脳の可塑性という観点からは正しいが、慢性痛の原因を大脳皮質のみに求めることは現在の一般的な考えではない。

「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル」
著:Dimitrios Kostopoulos and Konstantine Rizopoulos
訳:川喜田健司(明治鍼灸大学生理学教室教授)

b0052170_1665690.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2006-06-15 16:02 | 痛みの生理学 | Comments(7)
Commented by c-dunk at 2006-06-15 22:47
ビデオもありますよ。
Commented by junk_2004jp at 2006-06-15 23:33
もってる、持ってる^^。これいいよね。ケイしゃんももってる^^。
Commented by junk_2004jp at 2006-06-15 23:35
脳と筋肉の2所攻めですね。
Commented at 2006-06-16 06:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 裕子 at 2006-11-10 13:18 x
はじめまして!私の母の事で、ご相談にあがりました。68歳の母ですが、痔の手術を2年前にしました。傷は完治しているとの事、本人はそれでも痛いと・・・セカンド、サードオピニオン、他のお医者さんも同じ事をおっしゃいます。もしかして「うつから来る痛み」と思い現在、心療内科でお薬を一年飲んでいます。薬名 ルボックス メチコバール メイラックスです。24時間痛いと言います。気をそらす訓練もしております。落ち込みが激しく希死感も有ります。母の為 三度の食事 世話が必要なので、私は休職中です。何とか良い方法はないものでしょうか。期待のペインクリニックも効果はありませんでした。宜しくお願い申しあげます。
Commented by junk_2004jp at 2006-11-10 14:23
はじめまして。

肛門のところに直接、局所麻酔を注射してみる。ステロイドを混ぜてもよい。

抗うつ薬をかえてみる。たとえばトリプタノールとかトレドミンとかに。

CRPSタイプ1(RSD)だろうと思います。私なら上記のようにしてみますが、一挙に解決とはいかないかもしれません。
Commented by 裕子 at 2006-11-12 10:52 x
 有難うございました。参考にさせていただきます。お薬の変更を先生に伝えてみます。


<< 筋筋膜性疼痛特別研究班      トリガーポイント >>