心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 10日

トリガーポイント症状

痛みのアセスメント(評価)が大切といわれます。つまり、急性痛と慢性痛とでは治療法がちがうからです。

しかし、はじめから慢性痛のような顔をした急性痛もあれば、慢性痛の急性増悪のようなこともあるので、その評価はただ時間的なことだけで判断できません。

中井吉英教授(関西医科大)は図のように痛みを説明しています。
b0052170_1661726.gif


Aさん(80歳代、女性)は約1年ぶりに、両膝痛で来院されました。足が重く冷たく感じるとのことです。

右膝には少し水が溜まっていました。
b0052170_16194798.jpg

前脛骨筋、ひらめ筋に圧痛がありました。

圧痛点ブロック、レーザー照射、ストレッチの治療をしました。2回でほぼ改善しました。足の重い感じ、冷感もなくなりました。

前脛骨筋、ひらめ筋、この筋肉のトリガーポイント症状で冷感やしびれ感、重い感じがあります。筋肉の緊張が動静脈の血行不良をおおこすのかもしれません。

Aさんには薬の処方はしていません。
[PR]

by junk_2004jp | 2006-07-10 16:25 | 慢性痛 | Comments(5)
Commented by sion at 2006-07-12 07:54 x
先日お友達宅で横すわりをしていてお喋りを楽しんでいました。
そんな時ふと気付いたら、あの激痛の時から今だに痺れている右足の親指が、プルーンのような色になっていてビックリしました。
しびれもトリガーポイント症状で、筋肉の緊張による血行不良だと、頭では分かっているつもりでしたが、それを目の当たりにして確認した気分でした。
親指だけだったので、このトリガーポイント症状は指先なんでしょうかね?
知らなかったらかなり焦っていたんでしょうが、ちょっと面白かったです。笑
Commented by junk_2004jp at 2006-07-12 09:11
それは単に、お尻が動脈を圧迫していたのでしょう^^。

横座りはお尻のトリガーポイントをかばう恰好なのだろうと思います。反対側の横座りもしてください。
Commented by sion at 2006-07-12 12:39 x
わはは。横すわりはトリガーポイントをかばうというよりも、身体(腹)が重くて正座が出来なかっただけですぅ~~
因みにお尻の下だけに二つ折りにした座布団を敷いてました。
反対側もやってみたけど、一部分のみにあのプルーンのような色を見せたのは右足だけでした。

ただ確かに、下肢をコンパクトにまとめておこうと思うと痺れやすいですね。^^;
早くシェイプアップしたいです!
Commented by junk_2004jp at 2006-07-12 12:41
それは、誤診でしたね失礼^^
Commented by sion at 2006-07-12 21:40 x
いえいえ、文章だけではなかなか伝わりにくいところもあるでしょうに、
いつも丁寧にお答えくださって、感謝感謝でございます~~!!<(_ _)>


<< こんなこともあります。      トリガーポイント症状 >>