心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 29日

ヘルニアはたぶんこのようにしてできるのではないか?

http://junk2004.exblog.jp/4743157/

椎間板には血管が(ほとんど)ないので、水分、酸素、養分はスポンジが水分を吸収したり排出したりするようにして補給されている。

腰の運動が少ないとスポンジ機能が発揮されず、椎間板の劣化(繊維輪の亀裂)が生じる。

腰や下肢の筋痛症が起きると、痛い側を上にしないと寝られない。また、痛くない方に体重をかけて痛い方をやや伸ばしている。

だから、ヘルニアの突出方向は痛い側に多くなるのではないか。椎間板の前後にはそれぞれ前縦靱帯、後縦靱帯があるのでその方向にはヘルニアはなりにくい。

神経を押さえたら痛みがでるとか神経が炎症を起こしたら痛みが出るなんていう生理学はない。

ヘルニアがあっても無症状の人はたくさんいる。手術をしても治る人もいれば治らない人もいる。

手術をして治ったのはなぜかって?じゃー私のような治療でも、または整体でも鍼灸でも治ったひとはたくさんいると思うがそれはなぜか。

筋痛症はどんな方法でも治ることもあれば治らないこともあるものだ。気功でも治ることがあるだろうよ。

不安が解けて筋肉の強い攣縮が止まればよいのだから。

ヘルニアは筋痛症の原因ではなくて、「無害な結果であることが多い」と考えるべきと思う。

b0052170_31628.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2006-07-29 07:46 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(15)
Commented by keisyan at 2006-07-29 18:00
ヘルニアがあるから痛い のではなく、痛いからヘルニアができる。
どんなことにも思い込みを捨てて発想の転換をすることが必要ですね。
Commented by junk_2004jp at 2006-07-29 18:14
写真のスポンジとビー玉は100円ショップでゲットしました。
スポンジはちょうどよいところに穴があいているのがありました。
Commented by keisyan at 2006-07-29 18:42
行きつけの100円ショップですか(^^ゞ
Commented by junk_2004jp at 2006-07-29 19:37
当院、御用達のダイソーデパートです。
Commented by 頚ヘル at 2006-07-29 21:04 x
頚椎ヘルニアの手術を受けた人のお見舞いに行ってきましたよ。
中部R病院(伏字にしてもわかるっての ^^)の名医(手術の順番待ちが長蛇の列だとか!!)が執刀したという、おそれおおくもありがたい手術だったそうで。

「頚ヘルさんも、悪いことは言わないから早めに切ったほうがいいですよ~、何を悪あがきしてるんですか」と術後の患者に言われてしまった(;;)

へいへい。

100円ショップで椎間板が買えるとは!
それは お・ど・ろ・き★☆★☆
(ちがうっつうの)
Commented by junk_2004jp at 2006-07-29 23:19
頚椎のヘルニアの場合は「脊髄症」のことがあります。まれですが。
つまり、ヘルニアによって脊髄が圧迫をうけて脊髄麻痺がおきることがあります。

先日、脊髄専門医に頚椎ヘルニアの手術を勧められている人の治療をしました。家族に当院をすすめられました。

これで手術をすすめるのか!という感じでした。ヘルニアと症状の因果関係はありませんでした。本当に診断があまいなーという感じをうけました。
Commented by 頚ヘル at 2006-07-30 00:44 x
そうですそうです、
私でも某大学病院整形外科で手術を勧められましたもん☆

ヘルニアが原因だという立場に立てば、ヘルニアさえとっちゃえばすべて解決★ということになるのでしょうが。
現実はそうでもないことは、先生の患者さん、掲示板の皆さんのおっしゃることを読んでいてよくわかりますね。

「脊髄症になってからでは手術しても回復の可能性が少ない」とよく整形の先生は言います。
だから、早め早めの手術に患者さんたちは踏み切ってしまうのでしょうね。
どの時点が「ておくれ」なのか、自分でわからないからです。
う~む・・・・・
Commented by junk_2004jp at 2006-07-30 00:54
それは予防の治療ということになりますね。
頚にヘルニアがある場合、何%に脊髄症状がでるのかが問題です。具体的な数字は示されましたか?

私の臨床経験では・・・・・ほとんどいない。
Commented by junk_2004jp at 2006-07-30 00:57
外科系専門医制度の弊害・・・・症例数をこなす必要がある。
Commented by 頚ヘル at 2006-08-01 04:08 x
具体的な数字は示されなかったです、脊髄症になる割合は少ないけれども、障害は重度である・・・とだけ。

「予防の治療」というには、手術のリスクはあまりに大きすぎる、と感じます。

最初に通院した整形の年配の先生いわく、
「世の中に病気はいっぱいあるからねーー、ヘルニアばっかり気にしてても、心筋梗塞や糖尿病や胃がんになる可能性はあるからねーーー、ヘルニアを気にするよりいつ終わるかわからない人生の今を楽しむほうがいいねーーー」
・・・・・・そのとおり・・・・・
ヘルニアウォッチャーになればなるほど、ささいなことでも気にかかってしまう。

私は王選手のホームランを見て育った世代。
シーズン中の入院・胃がんの発表はショックでした。
時代のヒーローのONも、そういう年齢になったということか・・・・ 寂しい。
Commented by junk_2004jp at 2006-08-01 06:58
MRIを撮らなかったら、そんな心配をしなくて一生を送れたのにね。
Commented by abura_ya at 2006-08-01 22:55
私はMRIを撮って疑問をもちました、ショックの中で。
ずーーと痛い腰と右足の痺れでMRIを撮ったのですが
結果、左側にヘルニアが飛び出てました。医師の言葉・・・
「あなた、痛いのは左足だよ。右なんか気のせいだよ、大丈夫?」
大丈夫なの?は、あなたにお返しします。
Commented by junk_2004jp at 2006-08-01 23:09
そういうことも時々あるようですね。神経が押さえられると痛いという間違った考えがいつから誰が言い始めたのでしょうか。
Commented by sary-emi at 2006-08-02 16:04
手術をして治る人は手術してから、点滴や鎮静剤などを使ったり、安静にしてるから、筋の炎症などがとれて治ったのかもしれませんね。(^^;)
Commented by junk_2004jp at 2006-08-02 20:32
そうですね。それもあるかもしれません。

しかし長年ヘルニアが原因と思いこんできたのですからそれを取り去るという体験は強烈なのでしょう。

全身麻酔による筋弛緩効果もあるのかもしれません。


<< 政府は慢性痛の対策をしているのか?      医師はどうして神経根をねらうのか? >>