2006年 08月 20日

ガンとヘルニアの違い

腰痛、坐骨神経痛(ヘルニア)はガン治療で治る!?

ガンの真犯人はガン細胞であることは疑いのない事実なので、それをどうするかは患者さんが決めればよい。

一方、痛みの原因がヘルニアであるはずがないのに「ヘルニア」と診断されるのだから、患者さんには正しい情報が伝えられないのだ。だから患者さんは効果的な治療を選択しようにもできない。

このように「ヘルニア問題」は治療以前の問題なので深刻である。間違った病態説明のため適切な治療の選択肢が提示されない。

70年間、我々は腰の`損傷'の概念と共に生きてきた。これ以上正当化するには欠陥がありすぎる。さらに、これは医原性である。
[PR]

by junk_2004jp | 2006-08-20 18:40 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(1)
Commented by  安達三郎 at 2007-09-08 17:10 x
 失礼いたします  
  「 心の病い・勝利法則」 のご案内です 
        ご笑覧ください。
     http://www4.ocn.ne.jp/~kokoro/


<< 神経根ブロックの電撃痛について      Ebb Tide >>