2006年 09月 05日

腰痛

たまたま興味あるページをみつけました。

腰痛

>昨日、オウムの青山弁護士逮捕。青山がオウムにはいるきっかけになったのは、腰痛治療のためにヨガを始めたことだったという。

脳(コンピュータ)の完全初期化して新しい情報を入力したので痛みは治癒したが・・・。痛みの部分だけを選択的にリカバリできたらよいのだが。もちろんヨガが悪いわけではない。

>レントゲン結果を見て、医師は私の腰椎がかなり疲労し、押つぶされたような形になっていると診断し、薬と牽引療法を処方してくれた。私は忠実に処方を守ったが、腰痛はますます悪化して行った。それから私の悪戦苦闘が始まる。

構造異常の「お告げ」が痛みが長引く一つの要因かもしれない。それは根拠のない、医師の個人的な思い込みなのだが。

>それまで私はたくさんの医師、治療士に接してきたが、氏に会った瞬間、この人は大変な人格者だと直感した。感動した。

これで勝負あり!治癒へのスタートが切られたわけだ。
 
>氏によれば、私は典型的な椎間板ヘルニアである、とはいえ手術の必要はない、あなたの生活習慣から体に然々の歪みが生じており、それを矯正するためには然々の体操を続けるべきだ、ただし完治にはあと一年かかる、とのことだった。

病名を告げる、どうすればどれぐらいの期間で治るか明確に告げる、これは迷える患者さんにとっては大事なことなのだ。ただし、同じことを研修医が言ったとしてもだめなのだが・・・。

不幸にも構造が痛みの原因でそれを手術することによって治るという医師を信じてしまうと、痛みが起きるたびに検査をして手術をくりかえすことになる。
[PR]

by junk_2004jp | 2006-09-05 11:07 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)


<< 痛みが画像所見と一致する?      痛み・しびれと麻痺 >>