2006年 09月 29日

リウマチ専門医単位認定演題:高齢者の腰下肢痛 -診断のポイントとプライマリーケア-より③

腰部脊柱管狭窄症
1949年、Verbiest、日本では1970年代
高齢者の下肢の痛み・しびれを生じる代表的疾患。
狭窄があっても無症状例が存在する。
無症状例における画像異常
・脊髄造影検査:24%に造影欠損(Hiselberger,1968)
・MRI:60歳以上では21%に脊椎狭窄、35%に椎間板ヘルニア(Boden,1990)

高齢者では4~5人に1人ぐらいの割合で脊柱管狭窄を有している可能性がある。

画像診断の注意点
・狭窄があっても無症状例が存在する
・狭窄の程度と症状は関連しない
・動的に狭窄の程度は変化する

画像だけでは診断できない。

腰部脊柱管狭窄症の症状(病型)分類 (菊地、蓮江)
・神経根型:下肢痛(主に片側)
・馬尾型:両下肢のしびれ・脱力(痛みなし)
・混合型(両者が合併したもの)

神経性間欠跛行の病態
・圧迫による馬尾、神経根の血流障害
・狭窄があるだけでは症状は出現しない

腰部脊柱管狭窄症の自然経過(自覚症状)
  7~8割は軽快ないし不変、2~3割が悪化(必ずしも進行性疾患ではない)
・Johnsson、1992(4年):軽減15%、症状不変70%、悪化15%
・林、2001(5年以上):軽減19%、症状不変61%、悪化20%
・吉田、2003(平均11年):軽減38%、症状不変31%、悪化31%

腰部脊柱管狭窄症の病型と予後
・神経根型=下肢痛・・・・予後:軽快傾向(保存的治療が有効)
・馬尾型=両下肢のしびれ・脱力、排尿障害・・・・予後:進行性(手術が必要)


歩行で出現する下肢の痛み・しびれは神経からの警告である。
無理をすると、さらに悪くなる可能性高い。
「痛みが出現しない歩き方で、痛みが出てきたらすぐ休む。」
症状が出にくい歩行:前屈位、歩幅を小さく、ゆっくり歩く
高齢者では無症状でも腰部脊柱管狭窄を有している可能性があり、運動療法により症状が誘発される場合もありうるので、注意が必要である。

保存療法
・物理治療:低周波電気刺激、温熱療法など
・神経ブロック:トリガーポイント、仙骨硬膜外ブロック、神経根ブロック


手術治療のポイント
・馬尾障害は手術適応となるー安静時のしびれ出現が時期の目安
・間欠跛行は除圧により軽快するー跛行がなくなるとQOLは向上する
・手術侵襲は大きくないー高齢だからとあきらめる必要はない

[PR]

by junk_2004jp | 2006-09-29 22:16 | 慢性痛 | Comments(1)
Commented by AWG治療 at 2006-09-30 17:31 x
AWG電子照射機とか医療とか体の痛みを改善する方法についてのブログを書き出しました
まだ書き始めたばかりですが、トラックバックフリーにしてあるので、
よかったらいっぱいトラックバックして絡んでください


<< 腰部脊柱管狭窄症のなぞ      リウマチ専門医単位認定演題:高... >>