心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 18日

医者の勘違い

①痛みと麻痺の関係がよく分かっていない。痛みが続くと麻痺になると思っている人もいる。痛みやしびれは痛覚神経が激しく脱分極、細分極をくりかえしていることで、麻痺はその逆だ。生理学的には全く逆の現象なのだ。~が痛いというと「将来、麻痺するかもしれない」と脅かされることがある。

②神経の根っこ(脊椎から出ているあたり=神経根)が痛みの根っこ(上流)だと思っているふしがある。痛みの上流は神経の先端=侵害受容器で、神経根はその下流にあたる。上流で生まれた魚を下流で捕まえようとしている。捕まることもあれば捕まらないこともある。神経根ブロックや硬膜外ブロックが効かないことはしばしばある。

③構造異常が痛みの原因だと思っている。痛みは脱分極による電気現象なのだが、構造異常が電気現象を起こすことはあり得ない。物理学の常識。痛みの原因をレントゲンやMRIで調べようとするが、それは永遠に不可能である。痛みを伴うことのある「悪性腫瘍、感染症、骨折」を発見すること以外に有用性はない。それにしても痛みが見えているわけではない。
[PR]

by junk_2004jp | 2006-10-18 14:53 | 痛みの生理学 | Comments(3)
Commented by よこ at 2006-11-22 00:28 x
教えてください!

 先生は、神経原性疼痛をどのように捉えてられるのですか?
Commented at 2006-11-22 00:33 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by junk_2004jp at 2006-11-22 05:28
脱分極が次々と伝播していく。


<< 高齢者の痛み      掲示板より >>