心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2006年 11月 23日

知らないということは・・・

筋骨格系の痛みのほとんどは筋筋膜性疼痛症候群(Myofascial Pain Syndrome:MPS)なのです。

Googleで「myofascial pain syndrome」を検索すると418000件ヒットします。
http://www.google.co.jp/search?ie=Shift_JIS&oe=Shift_JIS&hl=ja&q=myofascial+pain+syndrome&btnG=Google+%8C%9F%8D%F5&sitesearch=

MPSの存在を知らないで診察すると他の診断名になり、その診断の概念を患者に説明し治療することになります。よくならないことが多いのです。

MPSにはれっきとした診断基準があります。一方、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症には診断基準はありません。ヘルニアのガイドラインは近年我が国で作られましたが、他の国にはないように聞いています。

MPSには不安や抑うつなどの気分障害が伴うことはよく知られていることです。これを心因性と誤解する人もいます。

「自分がこうしたら治った。大きな病院ではわからない」という平和な独りよがり理論ですね。」 ・・・MPSの診断基準にそって診断し、それに沿って治療すればよくなることが多いということです。独りよがりの理論を言っているのではなくて、世界的に認められた診断基準にそっているのです。病院の大きさではないですよ。医師がMPSを知っているかどうかということです。

Chronic MPS(慢性MPS)になると、抗うつ薬、抗不安薬、認知行動療法など難渋することがあります。

http://www.latrobe.edu.au/podiatry/myofasc/cover.html

Injection therapy can be performed 'dry', through acupuncture or 'wet' by infiltrating the area with either saline or a local anaesthetic. Needling is viewed as the definitive treatment for
MPS
, and is particularly indicated in the 20%-30% of cases that are unresponsive to standard
treatment (Cantu & Grodin, 1992). Saline or local anaesthetic injections help disrupt the fibrous banding within a TrP and are associated with significantly reduced post injection soreness when compared with acupuncture (Hong et al, 1997).

________________________

私はここで自慢話をしたいのではなくて、無駄な検査、無駄な治療をして苦しんでいる人が少なからずいるので「MPS」の概念を知っていただきたいのです。

このような治療はその気になれば、内科医でも精神科医でも今日からできます。もうしていらっしゃる人も多いでしょうか。1Wもすればベテランになるでしょう。こんなもの自慢話にもなりませんよ。(代替治療家や他科の医師で筋骨格系の治療に疑問をもっている人は結構いるものです)

ただし、診療費はべらぼうに安いですから、経営をしていく上には、いろいろ工夫しなければいけません。

________________________

http://members.aol.com/fibroworld/mps.htm

Like fibromyalgia, Myofascial Pain syndrome is an often misunderstood condition. Even today,
some doctors either don't believe that MPS exists or they don't understand its symptoms and
treatment.


Treatment of MPS can only begin after an accurate diagnosis is accomplished.
[PR]

by junk_2004jp | 2006-11-23 05:43 | Comments(4)
Commented by keisyan at 2006-11-23 06:29
その病態の存在を知らない、知ろうともしない医師が多すぎます。
Commented by junk_2004jp at 2006-11-23 07:52
MRIやレントゲンを見るだけで触診をしない。そして、根拠のない独りよがりの説明をする。Even today。
Commented at 2006-11-23 11:33
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2006-11-23 16:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< MPSをもっと有名にしよう      セロトニン欠乏脳 >>