2006年 11月 29日

ひらめ筋

興味あるサイトをみつけました。合気道関係のようですが、MPSについて書いています。

http://www.round-earth.com/HeadPainIntro.html

b0052170_7332025.gif


Soleus is one of the outstanding examples of long-distance pain referral from muscles. This muscle of the calf sends pain to the heel and calf. The pain is commonly known "jogger's heel" -- but there's more. Pain from this muscle also appears in the sacrum at the sacro-iliac joint and then reappears in the face and jaw where it may fire off symptoms of TMJ and toothache.

ひらめ筋は遠くはなれた所へ関連痛を呈することのあるいい例だ。ふからはぎのこの筋肉はふくらはぎと踵に痛みを起こす。この痛みは「jogger's heel」と言われている。この筋肉からの痛みはまだある。仙腸関節痛、顎関節痛、歯痛として関連痛を生じさせることがある。

真偽はわからないが、昨日おみえになった方はまさにそうでした。
[PR]

by junk_2004jp | 2006-11-29 07:32 | 慢性痛 | Comments(5)
Commented by sima at 2006-11-30 15:06 x
先生、びっくり。まさにそうですね。あの時おっしゃってる意味がわかりました。どうしてこんなにぴったり当てはまるのでしょうね。
Commented by junk_2004jp at 2006-11-30 16:18
よく分からないことがいっぱいあるのでしょうねぇ。
Commented by sansetu at 2006-11-30 16:24
鍼灸の経絡経穴学から言うと、ヒラメ筋だけでなく、ヒフク筋も加えた方がよりスジが通る話となりますね。ある筋肉の遠隔部への影響は、経絡経穴図を見れば納得です。これは理論ではなくて観察であり、「事実・結果の蓄積」ですから。TP治療をされる先生方には、ぜひ経絡図をベッドサイドに持っていてほしいと思いますね。
Commented by junk_2004jp at 2006-11-30 17:10
経絡図、どこかのサイトにないですか?
Commented by sansetu at 2006-12-02 13:37
いまネットで探しておりますが、どうも誰にも分かりやすい図版が少ないです。東京の知り合いにもさっき頼んでおきましたので、見つかり次第お知らせいたします。
図そのものは「経絡図」でググるとけっこうありますね。
でももっと遠隔部の筋肉や臓器との関わりが分かりやすく示されているものを探しています。



<< 痛みそのものが病気      MPSとヘルニア >>