心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 10日

トリガーポイントが先なのかヘルニアが先なのか?

臨床的にはさほど意味がないことなのだが・・・

① 外力→筋筋膜トリガーポイント→筋短縮、可動域制限、左右アンバランス→疼痛回避姿勢→ヘルニアの形成

②外力→ヘルニア→筋筋膜トリガーポイントの形成
(外力→靱帯損傷→筋筋膜トリガーポイントの形成)


ヘルニアや靱帯損傷が修復されたからといってトリガーポイントがなくなるわけではない。

「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル」

腸腰筋の損傷の生体力学
腰椎椎間板ヘルニア、脊柱側弯症、腰椎固定術なども腸腰筋にトリガーポイントを発生させることがある。


_______________________________

ヘルニアによるといわれている痛み」はトリガーポイント症状に他ならないと思う。一般にいわれているような神経症状であるはずがない。生理学の常識に反する。

ヘルニアがあってもTpが形成されていなければ症状はない。ヘルニアをとってもTpがとれなければ症状はつづく。

手術によって新たなTpが形成されることもあるだろう。全身麻酔によってTpが解消してしまう可能性はどうなんだろう?
[PR]

by junk_2004jp | 2006-12-10 16:10 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(5)
Commented by elly at 2006-12-10 16:45 x
依然私は、先生が手術の成功は、全身麻酔によるリセット効果ではないか・・とおっしゃっていたとき、うーん、そうなのかなあ。と思っていたのですけど、現実に、難治性の疼痛をペインクリニックで全身麻酔による数回の治療で治療してよくなった、という掲示板の書き込みを読んでから、なるほど、それもありか・・・と思うようになりました。
麻酔科で治療する全身麻酔の薬剤は、手術で使われる薬剤よりずうっと少量で、もやーっとしているだけで意識は失わない、というお話でしたけど、それでも2,3回のトライアルで難治性のニューロパシックペインがよくなった。。と聞いて、本当に意識をなくして眠り込んでしまう全身麻酔なら、痛みがとれてしまっても不思議ではないなあ。とあれから思いはじめました。
まずは麻酔科であらゆる治療を試してから、最終手段で手術というわけにはいかないのかなあ。と思いました。
Commented by junk_2004jp at 2006-12-10 17:21
そんな治療実際にしているんですか?

全身麻酔の時は、筋弛緩剤(サクシンなど)を投与します。その効果と脳の眠りの効果の両方ではないかと思います。

難治な五十肩も一発で治るのではないかな??
Commented by elly at 2006-12-10 19:05 x
うちの掲示板の過去ログでにゃんこさんという方が書き込んでいらっしゃいました。
わたしも話には聞いていたんですけど、実際に伺ったのははじめてだったので、へええ、と思いましたよ。
前はね、加茂先生からリセット効果といわれても、まさか、そんな・・・と思ったりしていたんですけど、その方の経験談を読んでから、そうか、本当にありえることなんだ。と思ったんですね。

実際にそんなことはできないかもしれないけど、全身麻酔をかけてなんにもしないプラセボ手術があったら、どれくらいの人が治るのかちょっと興味があります。
Commented by elly at 2006-12-10 19:16 x
そうそう、確か保険が効かないとおっしゃってました。
だから、そうそう気軽にできないし、さほど広まらないのだと思います。
手術跡のニューロパシッックペインで、本当に難治で、お金に変えられないと思われたからこそできたこそで、50肩は対象にならないでしょうね・・。ヘルニアや狭窄症も、手術で治ると思われているうちはだめだと思うんです。
でも、効きそうですよね・・・。
私なら試してみたいなあ。いくらくらいか正確にはわからないけど、メスを入れる前に試してみたいです。
Commented by TEPCO at 2006-12-10 23:03 x
面白いですね。麻酔をかけた事により変性意識状態になり、暗示のように無意識下に働きかければ新しい脳の可塑性が起こるような気がします。この場合手術という暗示が効いているのかな?


<< 坐骨神経麻痺?      慢性筋筋膜痛(CMP) >>