2006年 12月 31日

頭板状筋の筋硬結

目薬をさせるようになったエリー  加茂先生ありがとう!!

ellyさんは右の頭板状筋に母指頭大ほどの筋硬結(Muscle Knots)がありました。

この硬結が症状の主な原因のように思います。そのほかにもいくつかあります。

頚椎ヘルニアがあるということですが、次のように考えたらいいでしょう。

○大きな外力が加わることによって、ヘルニアと同時にトリガーポイント(筋硬結)が生じた。
○大きな外力が加わることによって、トリガーポイント(筋硬結)が生じ、左右のバランスがくずれ、動きの制限も生じ、その結果、ヘルニアが生じた。

どちらが正解なのか分かりませんが、どちらにしてもヘルニアが原因で痛いというのは間違っていると思います。症状の原因になっているのは、トリガーポイントなのです。

ヘルニアは無視してよいでしょう。

b0052170_163497.jpg

b0052170_16142712.jpg

b0052170_16144141.jpg


トリガーポイントブロック、鍼、指圧、マッサージなどのあとにストレッチをすることが重要ですね。
b0052170_16264965.jpg

「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル」より
[PR]

by junk_2004jp | 2006-12-31 16:04 | 慢性痛 | Comments(0)


<< Muscle Knots (筋硬結)      Pelvic Floor Dy... >>