2006年 12月 31日

Muscle Knots (筋硬結)

Muscle Spasm and Muscle Knots

spasm(筋攣縮)

受傷早期に起きる重要な出来事は筋肉の攣縮だ。これはある範囲の筋肉につっぱり感をおこし、時には、常にではないが、痛みを起こす。攣縮の治療は、問題の全体的な処置において重要だ。初期の段階においてもとの損傷が治されないと、筋攣縮は筋硬結をつくる。通常、これは最初の怪我のおよそ2週後に起こる。これらの筋硬結は痛くて、問題の一部になる。時々筋硬結からの痛みは、最初に受診する理由となる。

What Are Muscle Knots?(筋硬結とは?)

筋硬結は筋肉内の異常なエリアで、痛みの原因になる。この筋硬結を医学的に表現すると、筋筋膜トリガーポイントだ。私達はこれについて全てを知っているわけではない。これを生検すると、いくつかの異常蛋白が沈着しているのがみられる。ある臨床医はこのエリアは過剰な結合織からなっていると信じている。しかし、この考えを支持する研究(残念ながらほとんどないのだが)には、あまり根拠がない。筋硬結のすべてを書いた医学書は2冊ある。筋硬結は痛みと苦痛の大部分の原因となっており、これを治療することは重要だという理由でこれらの教科書がある。
Simons, David G., Travell, Janet G., Simons, Lois S. (1999) Myofascial Pain and Dysfunction: The Trigger Point Manual. Lippincott Williams & Wilkins: Atlanta, GA

Why Muscle Knots Form

筋肉の攣縮が継続的に”on"になっていると、筋硬結が生じる。通常、重いものを持ち上げるときでさえ、筋肉は連続的に働いてはいない。身体が通常の動きをする時、異なった筋肉が”on/off”をくり返している。攣縮は常に筋肉を働かせ続ける。筋肉はこのような継続的に働くようには設計されていない。このようなことがしばらく続くと筋肉は負担がかかりすぎて硬結が作られてしまう。攣縮を治療するということは、この問題の解決になる。攣縮は他の種類の外傷でも生じる。しかし、ただちに痛みのもとを取り去ってしまうと筋硬結の問題は生じない。このことは頚と腰の外傷により生じることが多い(もちろん他の部位にも生じるが)。

How Are Muscle Knots Treated?

筋硬結の治療法はいくつかある。どの治療法を選ぶかは、あなたにとって最も身近なヘルスケア開業医の仕事だ。運動療法のページで論じられているように、運動は筋硬結にとって重要な方法だ。しばしば、運動は他の治療法の補足的なものになるであろう。筋硬結にとって、マッサージ治療は、有効な治療法だ。この種のマッサージ治療は、それが行われているときは不快かもしれないが、患者はあとで心地よく感じるであろう。理学療法士やカイロプラクターによって、筋硬結に対して行われる、温熱、冷却、超音波、電気刺激などは治療法は”modality”というカテゴリになる。他の治療法として、筋硬結に注射する方法があるが、これはトリガーポイント注射といわれている。鍼治療もこれらに対して効果的だろう。
[PR]

by junk_2004jp | 2006-12-31 23:30 | 痛みの生理学 | Comments(0)


<< あけましておめでとうございます      頭板状筋の筋硬結 >>