2007年 01月 05日

膝の水(1)

膝に水がなぜ溜まるのか?

膝蓋上包に溜まることが多い。内側の粘膜(滑膜)の炎症による浸出液。

破壊された関節軟骨から放出される炎症性サイトカインTNF-αによる炎症と説明されるが・・・。

http://junk2004.exblog.jp/2463698/
b0052170_18245817.jpg

b0052170_18251458.jpg


軟骨が相当痛んでいても水が溜まらない人もいれば、その逆もある。慢性の人もいれば、一過性の人もいる。

一過性のことが多いのだが。以前はよく水が溜まったが、今は溜まらないという人もいる。

図をみていただくと分かるが、膝蓋上包は膝蓋骨と骨との間にあり、クッションの役割をしている。膝蓋骨は腱の中にある種子骨。

もし膝蓋骨がなかったら水は溜まらないのではないか。膝蓋骨が強く上包を摩擦することによって炎症が起こるのではないだろうか?大腿直筋、大腿内側広筋、外側広筋の緊張が強いと膝蓋骨は強く上包をこするのではないだろうか。
[PR]

by junk_2004jp | 2007-01-05 18:27 | 痛みの生理学 | Comments(4)
Commented by c-dunk at 2007-01-05 23:18
おめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
最近は「女中膝」って言葉はないんでしょうか?これは膝蓋骨の前面ですよね。上包もたしかに、そういうことかもしれません。
Commented by junk_2004jp at 2007-01-05 23:49
女中膝・・・聞いたことがないです。膝蓋前滑液包炎は、図では膝蓋前皮下包と書いてありますね。これは、打撲の後や、立て膝を続けることで炎症をおこしますね。これのことですか?
Commented by keisyan at 2007-01-06 07:20
皮膚って擦ると水泡ができますよね・・・例えば、同じ部分を繰り返す掻く、靴擦れなど。

同じような感じなのかな?
Commented by c-dunk at 2007-01-06 08:10
おはようございます。
それです。立膝を続けることで起きるヤツです。


<< 膝の水(2)      筋肉の影響をもっと考えなくては! >>