心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 14日

微小損傷

脳・神経性疼痛(筋・筋膜型)

>だいいち私は格闘技をやっていましたが、フルコンタクト空手の自由組手などをやっていれば、毎日が微小損傷どころか、ケガや内出血、骨膜炎症の連続です。
それは他のハードなスポーツでも同じでしょう。


たぶん毎日が微小損傷の連続なんでしょう。しかしそれがトラブルを起こさず修復されている。

格闘技で投げ飛ばされるのと、落とし穴に落ちて腰を打つのとを比べると、瞬時に予測して防御が取れるかどうかが大きなファクターのような気がする。

重いものを持ち上げるのと靴下をはこうとしてかがむのでは、腰にとって後者のほうがやばそうな気がする。

修復されるのと、修復されずにトラブルのとの違いはなにか?
[PR]

by junk_2004jp | 2007-01-14 23:25 | 痛みの生理学 | Comments(0)


<< 大腰筋      やはりいらっしゃいました >>