2007年 01月 18日

大腰筋

「ID触診術」より

b0052170_12113360.jpg

矢印、赤点、青線は私が書き込んだものです。

本筋筋腹は頭側ほど広く,足先側ほど細くなっていく.起始部の硬い筋線維の触診は,腹斜筋群を十分弛緩させた後,腹直筋外側縁を背部に垂直に押し込んでいき,深部を尾方に触診していくとよい。本筋は,臍の高さで最も筋腹が厚く,感知しやすい。また,左側起始部はすぐ内側を腹大動脈が走行するため,脈が触れる場合,強い触診を避けるようにする。一方,下部筋腹の触診では,鼠径靱帯中央の末梢側より大腿骨に向かって押し込み,そのまま外側に進入すると最初にコリコリとした感触がある。

_____________

以外と内側ですね。
[PR]

by junk_2004jp | 2007-01-18 12:23 | 痛みの生理学 | Comments(0)


<< 100均の健康グッズ      Buckling Knee S... >>