心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 29日

misdiagnosis (誤診)

A World of Pain

The misdiagnosis of pain is the most important issue taken up by Travell and Simons.

痛みの誤診 はトラベルとサイモンズによって取り上げられた最も重要な問題である。

Referred pain from trigger points mimics the symptoms of a very long list of common maladies;but physicians, in weighing all the possible causes
for a given condition, have rarely even conceived of there being
a myofascial source.

トリガーポイントからの関連痛は、一般的病気の多くの症状に似ている。しかし、医師はそのような症状を呈する可能性のある疾患について考えるとき、筋筋膜由来であるとはなかなか思わないものである。

The study of trigger points has not historically been a part of medical
education.

トリガーポイントの研究は歴史的に医学教育の一部ではなかった。
Travell and Simons hold that most of common everyday pain is caused by myofascial trigger points and that ignorance of that basic concept
could inevitably lead to false diagnoses and the ultimate failure
to deal effectively with pain (Travell and Simons 1999, 12-14).

トラベルとサイモンズは日常の最も普通の痛みは、筋筋膜性トリガーポイントによると考える。そして、このことについての基本的な概念が欠如していることが、間違った診断を導き、最終的には、痛みに対して効果的な対処の仕方に失敗するのだと考えた。

        The Trigger Point Therapy Workbook
b0052170_16564511.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2007-01-29 15:28 | 痛みの生理学 | Comments(0)


<< 上肢の冷感、しびれ      ある掲示板より >>