2007年 02月 14日

慢性腰痛の治療

いろいろあるのだろうが、オーストラリアの先生のもの・・・これはいただけないだろう。

http://www.mja.com.au/public/issues/180_02_190104/bog10461_fm.html

There is no evidence of long-term efficacy for drug therapy with
analgesics, non-steroidal anti-inflammatory drugs, muscle relaxants
or antidepressants for treatment of chronic low back pain;opioids are
only partially effective and do not improve function.

鎮痛薬、非ステロイド性の抗炎症剤、筋弛緩薬または抗うつ薬が慢性腰痛に対して長期の有効性の証拠がない。;オピオイドは部分的に効果的で、機能を向上させることはない。

Orthoses, transcutaneous electrical nerve stimulation, electromyographic biofeedback, traction, acupuncture, magnet therapy, injections into
trigger points, and hydrotherapy are no more effective than
sham therapy; manipulative therapy is barely more effective than
sham therapy.

整形術、経皮的電気神経刺激、筋電図記録のバイオフィードバック、牽引、鍼、磁石療法、トリガー点への注射と水治療法は、見せかけの治療と同様、効果的でない;マニピュレーションは、見せかけの治療よりかろうじて効果的である。

Surgery is more effective than physiotherapy, but outcomes are modest .
手術は物理療法より効果的である。しかし効果は控えめである。

Between 15% and 40% of patients have zygapophysial joint pain ; about 20% have sacroiliac joint pain,and over 40% have internal disc
disruption .

15~40%の患者は椎間関節の痛みがあり、20%の患者は仙腸関節の痛みがあり、40%に椎間板の破綻がある。


b0052170_1991590.jpg


Zygapophysial joint blocks:椎間関節ブロック
Sacroiliac joint block:仙腸関節ブロック
Discography:椎間板造影

この先生は慢性腰痛は椎間関節や仙腸関節や椎間板由来の痛みのものがあるから、それを診断して、可能ならばリカバリしろといっている。(エビデンスに基づいて)

エビデンスに基づけばなんでも正しいのではないという見本。
______________________________

同じ先生によるオーストラリアの急性腰痛のガイドライン

            Chapter 24 - Acupuncture(鍼)

Acupuncture is a politically delicate issue. Not only is it promoted as
a singular therapy both within medicine and by lay groups, it is
a complimentary medical practice identified with particular
ethnic groupsand philosophies. Any challenge to the purported
efficacy of acupuncture, therefore, is easily convertedinto an assault
on rights of practice, philosophies, and ethnic minorities.

[PR]

by junk_2004jp | 2007-02-14 15:08 | 慢性痛 | Comments(0)


<< ヨーロッパ非特異的急性腰痛ガイ...      急性腰痛(ぎっくり腰)の治療 >>