心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 17日

清原選手

http://junk2004.exblog.jp/722747/

http://junk2004.exblog.jp/3249348/

球界のカリスマがついに決断を下した。8日の日本ハム戦(スカイマーク)で、痛めていた左ひざを悪化させ、その後の2試合を欠場していた清原はこの日、ソフトバンク戦前の京セラドーム大阪で、中村監督に神戸市内の病院で11日に受けた診断結果を報告。「最後まで行きたかったですが、無理をしすぎたと思います」と、軟骨の炎症で約2週間の安静が必要なため、出場選手登録から外れることが決まった。(2006年9月13日06時02分 スポーツ報知)

オリックス清原和博内野手(39)が沖縄・宮古島キャンプ終了後の19日に緊急帰京し、東京で左ひざの検査を受けることが17日、決まった。左ひざの状態が回復してこないことからこの日、宮古島市民球場でテリー・コリンズ監督(57)と話し合い、再検査を決めた。その後宮古島市内の病院で点滴を受け、16日未明からの胃腸炎の回復に努めた。18日の練習に参加するかどうかは、当日の状況で決める。 2007年2月17日12時5分

ここ毎年、膝痛によって活躍できない。なんとかよくなってがんばっていただきたいものだ。半月板だ、軟骨だと言っていないで、もっと筋肉に焦点を合わせた治療をしてみてはどうだろうか。もちろんそうしていらっしゃるのかもしれないが。病院ではMRIなどの検査が主で筋肉の評価はあまりしないものだ。

内側広筋、大腿直筋、外側広筋などに筋筋膜トリガーポイントがあると、膝に痛みを感じたり、水が溜まったりするものだ。

筋肉を鍛えるより、しなやかでゆとりのある筋肉にするとよいと思う。

私の患者さんで75才の人でマスターズ陸上競技で十種競技をやっていらっしゃるひとがいる。毎年膝痛で1,2度いらっしゃるも、たいてい1~数回の治療で回復される。軟骨や半月板の話は一切しない。トリガーポイントブロックと軽いストレッチをしている。
[PR]

by junk_2004jp | 2007-02-17 15:10 | 慢性痛 | Comments(2)
Commented by 治療家の卵 at 2007-02-17 22:22 x
筋硬度計
http://www.try-all-jpn.com/neutone/neutone.html

レントゲンやMRIよりも痛みを特定できそうですね。
安価だしw

Commented at 2009-01-10 23:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< べんべん節      鞭打ち >>