心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 15日

神経が普通よりも太い?

Aさんは下腿のしびれが気になり、腰のMRIを撮りました。残年ながら?ヘルニアがありませんでした。

脊柱管狭窄症とするには、年齢などあまりにも違いすぎます。血液循環もよさそうです。
そこで、医師は「あなたの神経は普通より太いので・・・」といったそうです。

もしこれが事実なら、唖然とするレベルです。医師の判断力、理解力、分析力、想像力・・・・・

ヘルニアがあればヘルニアのせいにして説明を受けることでしょう。私は間違いだと思っていますが。

ヘルニアがなければ、あるいはヘルニアの場所と高位が合わない場合はどう説明されるのでしょうか。

先日、下肢痛の看護学校の先生から相談をうけました。「MRIでヘルニアがあるのだが、高位が臨床症状と合わないので治療ができない。」といわれているというものでした。

この理論構成は変ですね。

検査を受ける前に想定できる病態をいくつか列挙してもらってください。

Aさんは下腿にいくつかの圧痛点があり、筋筋膜性疼痛症候群でした。この診断にはレントゲンもMRIもいりません。
[PR]

by junk_2004jp | 2007-03-15 08:31 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(6)
Commented by elly at 2007-03-15 14:38 x
同じことを言われました。
生まれつき脊柱管が細いのでヘルニアは大きくないが痛みを強く感じるのだろう。
年を取ったらますます狭窄してくるに違いない・・・とのろいつきで。

レントゲンにものさしをあてて、普通の人は何ミリ、あなたのは何ミリだからね。と普通の人のレントゲンと並べて解説がありました

その日は落ち込んで、年を取ったらもっとどんどん痛くなるのか。。と思うと眠れなかったです・・。
Commented by ひつまぶし at 2007-03-15 14:51 x
ええ~~っ、「骨太」という言葉は聞いたことがありましたが、「神経太」も実際にあるんですか!?(@@)

でも・・・

神経が太い
ツラの皮が厚い
へそ・つむじが曲がっている

これらは淑女としては、言われたくないですわ (ーー;)
Commented by junk_2004jp at 2007-03-15 18:53
なんだかお寒い状況ですね。

以前にヘルニア問題で私に執拗に質問している人がいました。その人は納得できなかったのですが。

ある整形の先生に掲示板で質問しているのを偶然発見しました。その先生の医院の掲示板でです。

「後頭神経が筋肉の緊張で圧迫を受けると頭痛が生じるように神経が圧迫を受けると痛みが生じます。」という解説をしていました。

それで質問した人はとても納得していました。

Commented by TK at 2007-03-15 19:21 x
鍼灸師やカイロプラクターも知っているデルマトームって何の意味があるのでしょう?
http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_18.htm

やっぱり痛みでなくて麻痺?
筆の先で、さわさわ~
Commented by junk_2004jp at 2007-03-15 19:30
痛みなどの知覚は  末梢→中枢、  運動は中枢→末梢

痛みを訴えているのに麻痺の検査や説明をするわけです。これは教育が悪いのです。
Commented by さつき at 2007-03-16 12:19 x
私の長年のシビレと痛みは「脳脊髄液減少症」でした。今は元気です。


<< 変形性股関節症      Chronic Myofasc... >>