心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 25日

痛みと神経学的検査

丁半で勝負してんのか。

痛みを訴えてきている患者さんに対して、神経学的検査はしても悪くはないが無意味。

痛みとは神経学的徴候ではない。痛みは「体験」であり自覚症状、神経学的検査とは他覚的所見。

腱反射、クローヌス、バビンスキー、トレムナーぐらいは知っている。病的反射は中枢神経の障害ででる。痛みとは関係ない。

ラセーグ、スパーリング、ケンプなんかは神経学的検査とは思えない。
[PR]

by junk_2004jp | 2007-03-25 21:40 | 痛みの生理学 | Comments(0)


<< 慢性むち打ち症      ユビキタス筋痛症、3例 >>