心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 26日

慢性むち打ち症

Fibromyalgia & Chronic Myofascial Pain: A Survival Manual
Devin J. Starlanyl / / New Harbinger Pubns Inc


Fibromyalgia (FMS) and Chronic Myofascial Pain (CMP) with Devin Starlanyl

Whiplash:

Any assessment following whiplash injury must include
examination for TrPs.

Myofascial pain from TrPs is present in a hundred percent of cases of chronic whiplash pain, including those with facet
joint injury and pain arising from the joint itself.

Generalized central hyperexcitability is common in patients
with chronic whiplash syndrome.

There are increased rates of FMS following neck spine
injury.


むち打ち:

鞭打ち外傷後のどんな臨床評価でも、TrPs(トリガーポイント)の検査がなされるべきだ。

トリガーポイントからの筋筋膜性疼痛は、慢性のむち打ち症の100%に存在する。それは椎間関節損傷や関節そのものから来ている痛みのケースにもあてはまる。

全身的な中枢性の疼痛過敏は、慢性鞭打ち症候群患者では一般的だ。

頚の脊椎の外傷のあとに、線維筋痛症の発生率は増加する。

_______________________

線維筋痛症や筋筋膜性疼痛症候群に対して、我が国の医学はほとんど無力というか、その理解がないのは皆さんご承知の通りです。そのため誤診はしばしばあり、また患者さんに不利益を与えているものと思います。
[PR]

by junk_2004jp | 2007-03-26 18:30 | 交通事故診療 | Comments(0)


<< 2hより      痛みと神経学的検査 >>