2007年 04月 03日

ほぐしが正解か

変形ってなんぞや。

いわゆる変形性膝関節症と言われている膝痛はほとんどが大腿四頭筋(大腿直筋、外側広筋、内側広筋、中間広筋)の筋筋膜性疼痛だ。

ヒアルロン酸を注入していてもダメなんだ。

筋肉を鍛えるというよりほぐしたほうがよさそう。ほぐして痛みがなくなったあとに鍛える。
[PR]

by junk_2004jp | 2007-04-03 00:41 | 慢性痛 | Comments(5)
Commented by keisyan at 2007-04-04 06:03
もみもみ、もみもみ、もみもみ。
Commented by 柔整師です at 2007-04-04 08:24 x
サーノ博士が筋肉の痛いところは一時的酸素欠乏が原因であって、筋肉の硬結は関係ないと主張していることについては先生は賛同されますか?
Commented by junk_2004jp at 2007-04-04 08:38
最初はそうかもしれないが、すぐに劣化が始まるのではと思います。
サーノ先生はたしか慢性痛という概念に対しても否定的でしたね。

では五十肩もすぐに治る?初期は治療によりすぐに治りますが、慢性期になるとすぐには治りませんね。
Commented by ひつまぶし at 2007-04-04 12:32 x
私の五十肩、気がついたら、ある日治っていました。

どうして治ったのか不思議です。

どうしてなったのかも不思議だけど。。。(´・ω・`)
Commented by junk_2004jp at 2007-04-04 15:07
たぶん筋痛は治ったでしょうが、可動域は以前より悪くなっているかもしれませんね。

外観の変化は外反母趾のようにはっきりは分からないでしょう。


<< 外反母趾      脊柱管狭窄症といわれて治療した... >>