2007年 04月 16日

医師の間違い

ヘルニア再発?

「通常の医学的見地」から言えば、ヘルニアが神経を圧迫し、そのことによる痛み、しびれ、麻痺ということになるんでしょうね。


痛みやしびれを神経症状(神経脱落症状、神経麻痺症状)と思っていること。あるいは、それがいずれ神経症状を起こすと思っていること。これが間違いの大本のようだ。

異常知覚(ジンジンなど)も感覚鈍麻、感覚麻痺も「しびれ」という日本語を使うのでややこしい。

この根本的なところをしっかり勉強しないとだめだ。

神経症状は他覚的症状。痛み、しびれは自覚的症状。
[PR]

by junk_2004jp | 2007-04-16 22:03 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(1)
Commented by shinji_nozaki at 2007-04-17 09:48 x
トラックバックありがとうございます。私のブログにお書きしたこの方の場合、さらに足関節の背屈が制限され拇趾の筋力も低下していました。これも下腿前面の筋のトリガーポイントにより収縮不全になっているだけでした。しかし当たった医師によっては手術になるのでしょうね。


<< トリガーポイントの形成      修士論文 >>