2007年 04月 19日

いつまで続くバカげた診断

阪神・赤星
前日、大阪市内の病院で診断を受けた結果は「頸椎椎間板(けいついついかんばん)ヘルニア」。それでも、症状が回復へ向かっていると判断され、4日ぶりに試合前練習にも参加、ベンチで出番を待った。

頚椎椎間板ヘルニアであってもプロ野球の選手をやっていけるということです。

以前に頚椎のヘルニアで手術を勧められていた人が1ヶ月もしないうちに全く元気になったことがあります。

今日こられた腰椎ヘルニアの人は臀筋と下腿筋の筋筋膜性疼痛症候群でした。

ヘルニアがあるのは事実だから「誤診」とは言いにくいのでかえってやっかいだ。ヘルニアが原因で痛いわけではないのだが・・・。

俺の場合だけど、 造影剤を入れて撮影した後に、麻酔を注入される。 176の言われたブロックを打ったのと同じ効果ってことと思う。 ただし、俺の場合だけど、その麻酔の効果は1時間で、その1時間の間に いろいろ動いてみて、痛みの状態を観察すると言うことだった。

さらにちなみに俺の場合・・・ 2週間入院して保存で効果なく、16日目にこの検査をしたんだけど、 全く痛みが退かなかった。 「腰痛の原因は椎間板ヘルニアにあらず、よって手術の意義は薄く、 原因は不特定」 ということで翌日退院。 つい1週間前のことだが、見捨てられた気分だった。 一体どうすりゃいいの??つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 

これは2chの投稿です。よくあるパターンですね。ヘルニアのあるところの神経根ブロックをして効いたら、ヘルニアが原因、効かなかったら原因不明。

考える能力があるのか?

硬膜外ステロイド注入の効果は限定的:米国神経学会が腰痛治療ガイドライン

神経学の教授にしても神経根性頸部痛といっている。このような概念は矛盾していてありえないんだ。どれだけいいことを書いていても結局は分かっていないんだと思ってしまう。
[PR]

by junk_2004jp | 2007-04-19 20:48 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(4)
Commented by 国松 at 2007-04-19 22:48 x
こんばんは、せんせい。

 阪神・赤星、注目して いました。 昨日は2安打、今日は3安打。

 盗塁も、した。

Commented by junk_2004jp at 2007-04-20 18:34
頚にヘルニアあっても盗塁できるんだ^^。しかし、いつまでもバカな診断してるもんだ。
Commented by 国松 at 2007-04-20 20:47 x
今日も、先発メンバー。ヒットは、いまのところ なし。

でも、先発メンバー。


 ためになります、身をもって 赤星レッドスターが証明してくれています。 ますます おいらは 脳内筋力が ついてきましたです。

 痛くても痺れても動かなくても できる範囲で 活動的に 暮らします。
せんせい、ほんとに ありがとうございます。 

おかげさまで、ほんとにしっかり してきました。
  じぶんでも、驚いています。   (あたまを ペコリ)
Commented by 国松 at 2007-04-20 23:41 x
赤星レッドスター、延長戦となった12回、同点打!

          今夜は最高です^^。


<< 慢性痛に移行するか否かの予測      トリガーポイントの形成 >>