心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 20日

慢性痛に移行するか否かの予測

b0052170_204849100.jpg


急性疼痛の時期に慢性疼痛の萌芽があることは、すでに述べたとおりである。慢性疼痛の患者を診ていると、起こるべくして起こる一群の患者や、起こりやすい疾患群があるように思える。これらの面についての急性期での医師の把握と対応が、慢性疼痛に陥らせないための技術である。

ペインクリニシャンのための心身医学的知識  中井吉英(関西医大)
[PR]

by junk_2004jp | 2007-04-20 20:55 | 慢性痛 | Comments(3)
Commented by G男 at 2007-04-21 06:01 x
おはようございます。
下記のサイトに心因性腰痛が出ていました。
その記事のトラックバックに「手術10分即日退院」のサイトが・・・
http://www.yukan-fuji.com/archives/2007/04/post_9122.html
この記事より、トラックバックのタイトルに強いインパクトを感じるのは私だけでしょうか?
Commented by junk_2004jp at 2007-04-21 07:33
トラックバックのサイトがみつからない??

手術で痛みがよくなるというのはプラセボ効果が大きいのでしょう。
Commented by G男 at 2007-04-21 20:13 x
申し訳ありません、トラックバックではありませんでした。
こちらのサイトです。
http://www.nslc.jp/index.html
このサイトは非常に良くできています。
(個人的感想です。誹謗、中傷ではありませんので・・・)



<< 心因性腰痛      いつまで続くバカげた診断 >>