2007年 04月 25日

腰部脊柱管狭窄症

Aさん(80才代)は車を運転するような元気な方でした。腰、下肢の痛みのため数年前に腰部脊柱管狭窄症の診断で手術をしました。

術後、痛みは改善せずかえって悪化しました。他の医師から抗うつ薬や抗不安薬の処方をしてもらっていますが、痛みは強く死にたいと言っています

訪問看護のサービスを受けていて、看護師からいろいろ相談を受けてきましたが、麻薬の投与を始めようと思っています。

Aさんにとって、結果的に悪魔の手術でした。よかれと思って手術したのでしょうが、結果は反対。「手術は成功したのだから、あとは心療内科でみてもらえ」てか。

昨日の掲示板でも、脊柱管狭窄症の手術をしたが、よくならず、膀胱直腸障害が生じたという相談がありました。やはり手術そのものは成功したということだそうです。

私は腰部脊柱管狭窄症そのものの病態概念に疑念をもっています。馬尾型なら麻痺で神経根型なら痛みという、説明には納得できません。

神経根が圧迫を受けるとなぜ下肢に痛みが生じるのか生理学的説明はされていません。生理学的知識の少ない一般の患者さんはそれで納得するかもしれませんが、プロである私を納得させるものではありません。私は痛みの本態は臀筋や下肢筋の筋筋膜性疼痛症候群だと思っています。そのようにしか推理できません。

Aさん以外にもこの手術のあと辛い思いをしている人を何人も知っています。術後すっかりよくなったという人は1人知っています。

脊柱管狭窄のために除圧手術を受けた患者を7~10年後に追跡調査したところ、1/4の患者が再手術を受け、1/3が重度の腰痛を訴え、半数以上が2ブロック程度の距離も歩けないことが明らかになった。

高齢者に多い腰部脊柱管狭窄は診断基準すらできていません。ですから、病院によって手術するしないについて見解の相違があり、整形外科医の間でも十分なコンセンサスが得られていません。外科医から手術を勧められた患者さんへの対応ですが、手術は考える必要はないだろうとお話してください。

b0052170_2135349.jpg
腰部脊柱管狭窄症サポートツール

こんなの参考にして診断しているのかな???

前屈で症状悪化ならヘルニア、前屈で症状改善なら腰部脊柱管狭窄症だって!w。なんかシンジラレナイレベル、タイムスリップ。

臀筋、下肢筋の筋痛症なんだよ。圧痛点があるでしょ。
[PR]

by junk_2004jp | 2007-04-25 01:56 | 慢性痛 | Comments(6)
Commented by keisyan at 2007-04-25 06:27
本当に・・・特異的な症例以外では絶対に手術はすべきではないですね。
ただ、特異、非特異の区別が曖昧なところがまた大きな問題なのですが(ーー;)
Commented by junk_2004jp at 2007-04-25 06:50
痛みでなくて「麻痺」・・・あるとすれば馬尾型・・・だけが・・・腰部脊柱管狭窄症なんだと思う。その場合が手術。

あなたをオペした病院。
Commented by keisyan at 2007-04-25 07:19
>あなたをオペした病院。

脊椎専門手術激多稼頭部長裸王様
Commented by 国松 at 2007-04-25 13:30 x
他サイトで、先生の考え方を支持していらっしゃる方が そこのサイトの管理人さんや住民さんに こっぴどくやられていましたよ。

こりゃあ、もう絶望的です。治りたいと皆さん 切望されてるのですけどね・・。すこし、読んだけれど まるで ぼやき大会・・ フゥーー
Commented by TK at 2007-04-25 19:22 x
パラダイムシフトに、ついていけない医者たち。
Commented by みー at 2007-04-26 01:19 x
>術後、痛みは改善せずかえって悪化しました。
>痛みは強く死にたいと言っています。
恐い手術を決意してこうなると死にたくなる瞬間が来るのがまともな人間だと思いますが・・・。手術した医師がわからないのがもどかしい。
迷路から抜け出られる方が一人でも多くいらっしゃいますように。。。


<< やりっぱなし      あと何回? >>