2007年 05月 06日

心因性疼痛

私は心因性疼痛という言葉を使って説明することはない。しかし、「たしかにそのような心因性の痛みはあるが、そうでない痛み、つまりヘルニアによる痛みもある。」というような意見を耳にする。これは間違いである。

心因性咳、心因性嘔吐、心因性下痢、心因性蕁麻疹などは誤解が少ないかもしれない。「ストレスによる咳、嘔吐・・・」という意味だ。これは咳や嘔吐などが実在のものとして理解できるからだ。

心因性疼痛は「疼痛」が目に見えず実在するかどうか他人には分かりにくいので誤解が生じる可能性がある。

「実際に痛みが生じていないのに痛みを感じている。」という誤解がしょうじる。一方、心因性嘔吐は実際に吐き気がないのに嘔吐していると思う人はいない。

痛みは電気現象なのだ。つまり、痛みはエネルギー。エネルギー元は外因と内因がある。外因は力と感染。内因=心因とすればほとんどの痛みは心因性ということになる。構造はエネルギーを持つことはない。

歩くと痛い、後屈すると痛い、押さえると痛い・・・というのは、通常それぐらいの外力では痛みを感じないのだが、局所的な痛覚過敏になっていると考えるべきだ。
[PR]

by junk_2004jp | 2007-05-06 21:25 | 痛みの生理学 | Comments(4)
Commented by じゅん at 2007-05-07 07:30 x
はいめまして。先生HPいつも拝見しています。
上の内因=心因と言うのはなんとなく理解できます。
どうして慢性疼痛に対して、治療法に決定打がないと言われるので
しょうか?
特に線維筋痛症のように、人により効く薬がいろいろと言われたり
効く薬がみつからないというのも、不思議な感じがいたします。
Commented by junk_2004jp at 2007-05-07 07:42
そうですね。とりあえず、今の痛みに対する間違った考え方を改めることが必要ですね。

痛みは他人のexperienceなのです。(定義)

どうも脳の多様性にあるのではないでしょうか。
Commented at 2007-05-07 16:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by junk_2004jp at 2007-05-07 17:44
>痛み/痺れは「生活態度や考え方を変えろ」というサイン? なのかと思いました。

そのとおりです。構造的所見は痛みの原因ではないということですね。


<< 今日もいろいろな筋痛症をみた。      痛みは電気現象 >>