心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 07日

腰痛=筋痛

What 神経症状

30年以上腰痛を診ているけど、腰痛の本態は筋痛だよ。

必ず、策状硬結(筋硬結、ミオゲローゼ)があり、ジャンプサイン(強い圧痛)がある。だいたい同じところにあるものだ。

腰腸肋筋が多いと思う。内部の筋肉(腰方形筋や大腰筋)の場合は圧痛点がわかりにくい。そのような気持ちで探さないと分からないかもしれない。

どの部位を「腰」というのかは国や人によって異なる。また腰は一つの臓器ではなくて、多くのユニットからなっている。

「腰痛」っていったい何なんだろう?筋痛ではないのか。だから構造異常とは関係なく、心理・社会的なことと関係する。よくなったり悪くなったりする。構造が関係ないのなら筋肉なんだ。

医師のカルテには「何という筋肉に硬結が触れ、強い圧痛が認められるか」記載されるべきだ。そしてその硬結に局麻を注射したらどうなるのか観察すべきだ。

それが確実に診断する方法だと思う。

神経症状=麻痺と痛みの関係についても、述べられるべきだ。

___________________________

腰痛を語るとき「筋肉」を無視できない。腰痛なんて抽象的な言い方をしないで、「腰腸肋筋痛」とか、「多裂筋痛」とか「大腰筋痛」とか医師に診断してもらうようにしよう。

それを治す方法も処方してもらえばなおよい。慢性化はよくない。
[PR]

by junk_2004jp | 2007-06-07 00:02 | 痛みの生理学 | Comments(7)
Commented by TK at 2007-06-07 00:38 x
>そこで、肩甲骨と肋骨との間で点のように何か異物があるように痛いです。背中を壁の角に打ち付けてグリグリしたい感じの時もある

↑私が加茂先生に初めて相談した時の内容。

東京から夜行バスで小松に行って、初めて先生に診て頂いとき、
触診で「このコリコリを何とかしたいのでしょ」とズバリおっしゃいました。場所を当てたのも凄いと思いました。

それから先生に筋硬結について初めて教えて頂きました。

でも、他のドクターにも何回も「異物、異物×∞」を連呼してたのですがね~(-_ー)


でも、まあ、そんな事がご縁で「筋硬症友の会」の設立のきっかけになった訳です。(^^;
(↑これだけ嘘です(^^;)
Commented by keisyan at 2007-06-07 20:38
整形外科に行って 「多裂筋にグリグリがあって、腰腸筋と小臀筋がコチコチになっているのですが、そこを緩める治療をお願いします。」 って言ったらどんな顔されるだろう^_^;
Commented by TK at 2007-06-07 22:09 x
超音波エコー、MRI、3次元CTで
グリグリを確認してもらえます。d(^-^)

確認に至りませんでしたけど。
Commented by junk_2004jp at 2007-06-07 22:39
グリグリも昨日の図を見れば分かるように痛みの原因ではなく結果なんだよね。ただ、介入するポイントとしては正解だと思う。
Commented by TK at 2007-06-07 23:01 x
私は、こう理解してます。
誰だって、緊張すれば、心臓バクバク、汗ダラダラ、肉体に反応します。
それは、心の病気とは呼ばない。ただし、異常なまでの反応は治療の対象となるでしょう。

それが、筋肉に反応してしまう。
しかも、金属疲労のように、一旦亀裂が走ると、そこに応力が集中してしまう。

反応もパブロフの犬状態。
Commented by 国松 at 2007-06-07 23:03 x
うむっ・・・、そして そこから 治療が 始まるのですね。 なっとくです。
確かに 加茂先生のおっしゃるとうりの ような気がしますです。

実際に、緩和しています、痛みもしびれも。
Commented by 国松 at 2007-06-07 23:09 x
びびらずに 筋肉わしずかみで、セルフ・マッサージ続行しています。

もちろん、操体法・金魚体操・ひざたおし もね。


<< 骨屋の妄想      痛みとは >>