2007年 06月 19日

両手、両下肢のしびれ

2年まえに頸椎の手術をして、術後しばらくはよかったが、再発して以前よりは悪化しているという方を診察した。手指はこわばっていてボタンがかけにくい。

前腕伸筋、ふくらはぎ筋に強い圧痛点がいくつか存在して、筋筋膜性疼痛症候群に思えた。筋萎縮なし、病的反射なし。眼瞼チック症状あり。

圧痛点をブロックすると症状は軽減した。

私にはとうてい神経症状には思えなかった。ストレスに関係した筋痛症でなかろうか。それにしても容易に頸の手術をするもんだ。
[PR]

by junk_2004jp | 2007-06-19 23:36 | 慢性痛 | Comments(3)
Commented by TK at 2007-06-19 23:50 x
一般の整形外科医であっても、
何にしても、保存的治療が第1番目だと思うのですがね。(-_ー)
どう言ういきさつか存じませんが、よっぽど切羽詰った事態とか。
Commented by みー at 2007-06-20 00:38 x
両手両下肢!?(゚_゚i)
…怖い…(_"_ )
Commented by junk_2004jp at 2007-06-20 06:56
ほとんどの場合、神経症状ではなく筋痛症なんだ。みーさんの場合も。でもここんところが診断できてないんだよなー。

この患者さんが私のところへきたのも整体師のすすめらしいよ。


<< Delayed onset m...      「なるほどの感動」に感動! >>