心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 26日

まだ続く清原の儀式

清原選手の高くつく儀式
オリックス・清原和博内野手(39)が24日、神戸市西区の合宿所で25日に緊急渡米し、左ひざの精密検査を受けることを明らかにした。2月28日に内視鏡による手術を行ったが、患部の痛みが引かないため、コリンズ監督の勧めで米国での再検査を決断した。

                                  スポーツ報知 - 2007/6/25

関節の中にこだわっているかぎりいつまでたってもだめでしょう。関節の外の筋痛症でしょう。

大腿部(内側広筋、外側広筋、大腿直筋など)の筋筋膜性疼痛症候群だと思いますよ。
[PR]

by junk_2004jp | 2007-06-26 12:08 | 慢性痛 | Comments(2)
Commented by ひつまぶし at 2007-06-27 19:41 x
きよちゃんは、どうして関節の中にこだわるのでしょう?
「こんなに痛みが長引くのは、筋肉のせいではなく、構造に異変が起きたに違いない」と思ってるのかなあ。
そのほうが病名からして、いかにも重病っぽいもんなあ。。。。
筋肉をばかにしちゃいかん!

医学生のみならず、私たちも、筋肉や交感神経の神秘について勉強しなくてはいけませんね。

Commented by junk_2004jp at 2007-06-27 19:53
半月板の手術のあと痛みがとれない人をたくさん診てきました。

参考

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_224.htm#don



<< 楽しいはずの老後が・・・      頭をきりかえる >>