心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 29日

本気で思っているのか!

たぶんチェリーさんの紹介だと思う。チェリーさんやケイしゃんが固定術を受けた病院で、すべり症+脊柱管狭窄症で手術を予約するかどうかセカンド・オピニョンを受けにこられた。

慢性腰痛で、数ヶ月前より左下腿に痛みがでてきた。
私が診察したところでは、右の腰腸肋筋、右中臀筋、左腓腹筋などの筋筋膜性疼痛症候群。

b0052170_23124249.jpgレントゲンはプライバシーを配慮して、図にしたが、すべりがみられるがこんなの全然めずらしくない。どちらかというときれいなほうだ。こんなことは異常ではない。これが腰痛に関係しているという証拠はない。

MRIで神経が押しつぶされていてそれが痛みの原因だという説明を受けていたが、全く非科学的でばかげている。神経が押しつぶされていれば麻痺が起こるというのらば分かるが。


これが腰痛治療で有名な病院の実態なのだ。
[PR]

by junk_2004jp | 2007-06-29 22:52 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(12)
Commented by 国松 at 2007-06-29 23:25 x
私は 押しつぶされて、 蜂の巣のような状態になっているとか 子供の時に「食べた、あの懐かしい カラメルのような状態になっていると言われました。 はやいはなしが 頚髄スカスカです。 そのとき 正直、びびりました。  目 が 点 で す 。 ア ワ ワ ・ ・・ ・ ・ ・・

Commented by TK at 2007-06-29 23:43 x
>本気で思っているのか!

ヘルニアの痛みは整形外科医の勘違いだった
手術のループからの脱出

by 詠み人しらず
Commented by sansetu at 2007-06-30 09:30
当院の患者さんは脊椎固定術を受けても主訴である臀部のしびれは治りませんでした。術後の定期健診で担当医にこのしびれを訴えると、「いまちゃんと歩けているんだから手術は成功です」としか言ってくれないそうです。でも手術をする前からごく普通に歩けていたのですから、これは変な理屈です。「このままでは将来歩けなくなる可能性が強いから」と知識のない患者に余計な不安を与えて行なった前倒しの手術でした。
そして患者さんがしびれ感を「じりじり」とか「びりびり」と表現すると、その担当医は怒ったように「じりじりなの、びりびりなの、どっちなの、もっと正確に言ってくれなきゃ」と言われるそうです。
じりじり、びりびり、という文学的表記上の違いが、医学的に意味のあることとも思えず、これにはさすがに患者さんも呆れ返っていました。
患者さんはいま医者に言われるがままに手術を決意したことを、とても後悔されているのですが、私は「反省はしても後悔はしないように」と言っています。反省は明日の自分の力につながるものですが、後悔は自分の足を引っ張るだけのものですから。
Commented by sansetu at 2007-06-30 09:30
つづき
とにかく現在の整形外科界には科学する者の心も認識も感じられません。そしてこれは本当に恐ろしいことだと思います。
私も最初はこの現実にまず驚き、次に怒り、その次には怒りを通り越して呆れていたのですが、最近はそれが恐怖に変わってきました。
↑の患者さんは現在、元気に働いています。自己管理と家庭療法もばっちりと実践する模範患者さんの一人です。
一人でも多く、手術予備軍の人たちを守らなければ、と思う日々です。
Commented by あんみつ姫(←お気に入り♪) at 2007-06-30 09:32 x
加茂先生。その病院の診断で、

「神経が押しつぶされている」のに「麻痺は生じていない」ということは、

1)神経は少々押されてもビクともしない、相当タフである
2)神経が押しつぶされる=即麻痺になる ということではない(麻痺は遅れてやってくる、麻痺にならないこともある)
3)MRIでは神経が押しつぶされているように見えるが、実は押しつぶされていない

どういうことなのでしょうか??

Commented by あんみつ姫 at 2007-06-30 09:41 x
さんせつ様★ 激しく同意(略称:はげどー)

>その担当医は怒ったように「じりじりなの、びりびりなの、どっちなの、もっと正確に言ってくれなきゃ」と言われるそうです。

・・・だって・・・ねえ・・・・
個人の感覚なんだから、感じたように表現したまでのことで・・・ 正確もなにも・・・・・

その先生の「じりじりvsびりびり」と、患者さんの「じりじりvsびりびり」とでは、異なるかも知れないじゃあ~りませんか。

うちの子が3歳くらいだったときに、腹痛で小児科へ行ったとき、
「お腹がどういうふうに痛いの?」と聞かれ、
「コキコキ痛いの・・・」と答えました。

お腹がコキコキ痛む・・・・????
「シクシク とか チクチク じゃないの?」
「ううん、コキコキ」
・・・・・・
文学的表現で、うまく伝わらなかったようでした。
Commented by keisyan at 2007-06-30 10:57
整形の待合室に台長の本を置いてこようか・・・
Commented by junk_2004jp at 2007-06-30 12:11
神経はタフなんですよ。圧迫ぐらいではびくともしないのでしょう。足裏の神経は常時圧迫を受けていますね。
Commented by 国松 at 2007-06-30 18:34 x
私の場合、神経が押しつぶされて 頚髄スカスカに なっているので
麻痺が 起こっているという説明でした。だから、後遺症は当然残るということでした。 

でもしかし なんでも かんでも いつでも どこでも 、そのときそのとき
できることを しつづけていたら よく なってきたのです。少しずつなのですが、 ほんとに これからも よくなるのに違いないと確信をもっています。

恵シャンとせんせいは 人生の恩人と お慕い申し上げています^^。

筋肉のことには、そこらの医者たちは 気がつくめえ~~~
Commented by 国松 at 2007-06-30 19:16 x
 おまけ

おいらは、  あんみつ姫さんが書かれている ( 2 )の 麻痺にならないこともある・・・のそのなかの まれな一人かも知れまへん、 んっ んっ・・・、 麻痺は あるのですが それも 少しずつ  情けないぐらい 泣けてくるほど ゆっくりですが 回復してきております ^^v 。
Commented by ひつまぶし兼あんみつ姫 at 2007-06-30 19:30 x
国松兄さま★

力強いお言葉、ありがたいです。
経験した方がご自分の経験を語ってくれることが、不安を抱いている者に勇気と安心と希望の光を与えてくれます。

そのときそのとき
できることを しつづける

・・・今日の日記に書いておこう♪
Commented by 国松 at 2007-07-01 01:01 x
    おまけの おまけ

今、現在も  何でもかんでも いつでもどこでも してますよー^^。

痛気持ち良いぐらいで いつでもどこでも  何でもかんでも  (^^)v        


<< 整形にかからないほうがよいだろう(笑      治らない >>