心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2004年 03月 04日

カイロのHPより

整形外科教授の本音

整形外科医の矛盾

医学教育の欠陥

整形外科の腰痛に対する新しい概念

http://plaza.rakuten.co.jp/kenkoukairo/006010

私はカイロ支持派ではない。「やった→治った」「やった→治らなかった」理論的な説明は今はできないが、将来分かるだろう、このような点で、「痛み」に関してはカイロも現代医学も五十歩百歩だと思う。

また上記ホームページの紹介した部分の内容が真実かどうかは分からないが、凡そこのような事だと思っている。

整形外科医は骨折などの外傷、麻痺、腫瘍、感染症、奇形、リウマチ、機能再建などに貢献している。しかし「痛み」に関しては??。これは何も整形外科医だけの責任ではなく、「痛み学」が大きく方向転換をし始めた時期なのだろうと思う。

痛みは客観的な証拠がないため、研究には多くの症例と長い時間がかかる。そのため費用も大変なものだろうと思われる。
[PR]

by junk_2004jp | 2004-03-04 03:19 | 医療不審


<< 間歇跛行のプライマリーケアにお...      ヘルニアの矛盾 >>