2007年 07月 31日

痛みは不思議

7年間続いた両側の踵の痛みが2ヶ月間で完全に治ってしまった。

自転車で転んだことがきっかけではじまった強くて頑固な腰痛が3ヶ月間でとてもよくなってしまった。

痛みはちょっとしたことで始まる。それが、なにかのきっかけで、釣り糸がこんがらがってしまうように、ほどこうにも解けなくなってしまう。

ほんとうに不思議なものなんだ。

それは決してレントゲンやMRIには写らない。血液検査やそのほかのどんな検査をしても分かることはない。

医者はレントゲンやMRIに写っているものを痛みの原因だと思ってしまう。なにも所見がなかったらもうお手上げなんだ。それは正しい教育を受けていないからなんだ。

傾聴・受容・共感・支持・保証・・・・・これが医師の仕事なんだ。本当だよ。

痛みを伴うことのあるみのがしてはいけない危険な疾患は悪性腫瘍、感染症、明らかな外傷。
[PR]

by junk_2004jp | 2007-07-31 22:31 | 慢性痛 | Comments(3)
Commented by シャルル at 2007-08-01 09:20 x
先生方も、ナンデ痛いのかわからなくて悩んでおられるのではないかしら。行き詰ったら、新しい(自分にとってです)考え方も探せばいいのに。

難しい病気でも「大丈夫だよ」と言ってくだされば、勇気百倍なのに。
信頼関係があれば、自然の成り行きで悪くなっても「センセがあの時大丈夫って言ってのにって」恨む患者はいないのに。
Commented by ちえこ at 2007-08-01 10:34 x
激しく同意です!!!名文ですね、センセ!
>傾聴・受容・共感・支持・保証・・・・・これが医師の仕事なんだ。本当だよ。
悲しいかな、これをやっている時間も、心の余裕も 医師にはないのです。流れ作業で診察をし、機械的にレントゲンを見て病名をいい
薬を出し指示を出す。これが現状です。患者にストレスがあったかどうか
聞いてくれる医者には、加茂先生以外、お会いした事ありません。
Commented by ひつまぶし at 2007-08-01 12:32 x
ちょっと話がズレますが、、、、
傾聴講座に3日間通ったことがありんす。←何にでも興味を持つ

相手の話を聞いたときに、自分にわき起こる感情(悲しい・辛い・無力感・緊張)をどうするか・・・ 意外に難しかったです。
講座の先生は、「感情を意識化するのは訓練だ」と言ってました。

たとえば、相手が悲しい辛い話をすると、聞く側も悲しくて無力な気持ちになってしまう。
その無力感から無意識に逃れたくて、「いつまでもそんなことを言ってちゃだめ」「がんばれ」などと、つい言ってしまう。
聞く側が、自分に起こった否定的感情から逃れたくて発している場合、それが相手にも敏感に伝わってしまって、「ああ、受け止めてもらえなかった。話すんじゃなかった・・・」となってしまう・・・・

「聴く」って、なかなか奥が深いと感じた次第。
でも、そこには深い癒しと希望への光明があるのですね。


<< いい加減にしまっしw(金沢弁)      麻痺と痛みやしびれ >>