2007年 08月 06日

ヘルニアの手術をしたけれど

痛みが続き、歩行や座位に不都合をきたしていらっしゃる方を診察しました。

b0052170_23291212.jpg


小臀筋にはっきりわかる索状硬結をふれました。その部に強い圧痛があります(ジャンプサイン)。患者さんに自分で触ってもらい左右の違いを確認していただきました。

その部位にトリガーポイントブロックをしたあと痛みが軽減して歩行や座位の不都合がなくなったことを確認しました。

医師がその部の触診をしたことがないとのことでした。このことは驚くほどのことではありません。いままでの患者さんも多くの場合、そのようにおっしゃいます。

両方の脊柱起立筋にも硬結がみられました。

これで、不都合の原因がはっきりしたわけです。あとはそれをいかにして解決していくかです。トリガーポイントブロック、マッサージ、ストレッチ、認知行動療法などです。

早い話が「尻凝り」「四十尻」だったというわけです。肩こり、五十肩の治療と同じです。
[PR]

by junk_2004jp | 2007-08-06 23:40 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(10)
Commented by bt at 2007-08-07 08:27 x
おはようございます。お久しぶりです。

うちの近所の整形外科の先生も、皮下麻酔注射してるそうなんですけど全然、触診しないそうです。

「どこ痛いの?」って聞いて、患者さんが「ここです」って指さしたところを「ブッス」っとやるだけだとか。

「私らを触ったら汚いと思ってんのかぁ!」って、おばぁちゃんが怒ってました(=^_^=)

え~と、それと遅まきながら、開業25周年、おめでとうございます。

うちの先生とこも引越しがやっとおわりました。先生のHPを拝借して壁にペタペタ貼らさせてもらいました。ありがとうございます。患者さんにも「わかりやすい」って好評だそうです。

先生のHPもバッチリ宣伝してますので!

Commented at 2007-08-07 11:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by junk_2004jp at 2007-08-07 19:43
みなさん、私のブログが役に立ってうれしいです。

痛みはほとんどが筋肉のspasmですね。構造が原因でspasmが起きることはありません。繰り返されるspasmで構造の変化が生じるかもしれませんが。

Tgr.p.b.は的確に圧痛点をねらってください。27G19mmの針か27G38mmの針を使ってください。消毒は酒精綿で十分です。あとはよくもんでください。それからよくなったことを必ず確かめてください。よくならないならばまだほかに圧痛点があることと思いますのでまたそれをブロックしてください。

副作用はほとんどありませんが、神経の近くの場合、一過性の麻痺が生じることがあります。たとえば、梨状筋の場合は坐骨神経麻痺が生じることがあります。2~3時間でもとにもどりますから、最初からそのように伝えてしたほうがいいでしょう。

胸郭では気胸に注意してください。大腰筋などの深い筋肉は圧痛点がわかりにくいです。
Commented at 2007-08-08 14:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by junk_2004jp at 2007-08-08 15:20
それはよかったですね。MPSですね。何という筋肉なのか本を見て確かめておいてください。ライフログに紹介している「トリガーポイントと筋筋膜療法マニュアル」がいいでしょう。

このような原因は心理・社会的なことが関係していることが多いですよ。高齢者なら、知人の死とか。夜間(無意識)に頚に力が入っているのでしょうかね。
Commented at 2007-08-08 22:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 地方の何でも外科医 at 2007-08-09 10:53 x
はじめてコメントさせていただきます。加茂先生のブログを参考に,TPブロックを使い始めています。まだまだ未熟ですが,時々,著効する例を見るにつけ,先生の理論に次第に染まってきています。ところで,注射針についてなのですが,現在,26G19mmと25G38mmのものを使っています。たしか,テルモの製品だったと思います。先生のようにもっと細い
27Gのものを使いたいのですが,探してもそのような規格の注射針が見つかりません。もしよろしけいれば,加茂先生が使っている注射針のメーカー名など教えてもらえないでしょうか。
Commented by junk_2004jp at 2007-08-09 14:52
鍵コメさん、ヘルニアが手術なしで治せる理由が分かってよかったですね。もっと正しくいうなら、ヘルニアが原因だと誤診していた痛みが手術なしで治るのは当然のことです。

地方の何でも外科医さん、こんにちは。針については今日のブログでかきます。
Commented at 2007-08-21 21:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by junk_2004jp at 2007-08-21 21:32
こんばんは。それはよかったですね。いつでもどうぞ。


<< 看病していた義母の死後、歩行困...      医師により言うことがちがう→私... >>