2007年 08月 10日

大腿骨骨頭壊死症??

柔道整復師のAさんが患者Bさんを同行して来院されました。

Bさんは2~3年前より、右の股関節痛で軽度の跛行があります。圧痛点は右そけい部と右下腹部、触診で、かなり硬くなった筋肉が分かります。

その部位にトリガーポイントブロックをすると、痛みは消えました。

b0052170_7345880.jpg


レントゲンでは、骨頭壊死というより、骨頭のサイズが大きくて軟骨障害を起こしているように見えます。(変形性股関節症)

大腿骨骨頭壊死は、アルコール、ステロイド、特発性、外傷などがあり、骨頭の栄養血管がだめになり、骨頭が壊死を来す疾患です。美空ひばりがそうだったかな。難病指定疾患です。

Bさんの場合、どうなのでしょうか?私には断定するだけの自信はありません。典型的な骨頭壊死症のレントゲンではありません。レントゲンの提示は同意を得てあります。

股関節の構造的不具合のため、腸骨筋の筋筋膜性疼痛が生じやすいのかもしれません。

痛みは筋筋膜性疼痛なのです。

このようなブロックで、痛みの発生部位が確認できたのですから、腸腰筋のマッサージやストレッチを行うことで、かなり痛みの少ない生活を送れるのではないでしょうか。
[PR]

by junk_2004jp | 2007-08-10 07:45 | 症例 | Comments(2)
Commented by okd at 2007-08-10 18:53 x
先生、こんにちは。昨日はお世話になりました。
Bさんは注射後、何度も病室へ向かう階段を歩いていました。
痛みが無いことに納得されると満足された様子でした。
今日は久しぶりに腸腰筋のストレッチが出来たと喜んでおいでです。
認知行動療法へ順次シフトして痛みの少ない生活が出来るようお手伝いをしていこうと思っています。
Commented by junk_2004jp at 2007-08-10 21:39
こんにちは。昨日はどうもありがとうございました。


<< トリガーポイントブロックの名前...      圧痛点>トリガーポイント >>