2007年 08月 23日

腰椎椎間板ヘルニア

遠方にお住まいのAさん(40歳代、男性)は7月初旬にぎっくり腰になり、次第に痛みが右下肢に広がっていきました。

某医を受診し、MRIで4/5の椎間板ヘルニアという診断で3週間入院しました。当初の痛みは軽減しましたが、依然として腰痛や下肢痛があり、特に下腿がジンジンしていて、足関節の背屈制限があり、歩行に支障があります。
b0052170_16555147.jpg

奥さんとお子さん連れで来られて、近くのホテルに泊まり、21,22,23日と通院されました。

腰腸肋筋、小臀筋、ハムストリング、前脛骨筋、ヒラメ筋などの筋筋膜性疼痛症候群です。午前と午後の二回通院治療しました。

治療はトリガーポイントブロック、マッサージ、低出力レーザー照射、ワデットです。

3日間の治療費は3割負担で、負担金は2900円でした。ホテル代と飛行機運賃はかかったことでしょう。

治療成績はとても満足して頂けるものでした。足のジンジンはほとんどなくなり、足関節の背屈もほぼ正常になりました。これは前脛骨筋のこわばりによるものだと思われます。

今日は2歳のお子さんとデパートの遊技場でサッカーをしてきたとおっしゃっていらっしゃいました。

これらの筋肉をよくマッサージしてゆっくりストレッチしてください。
[PR]

by junk_2004jp | 2007-08-23 17:11 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(4)
Commented at 2007-08-23 21:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by junk_2004jp at 2007-08-24 18:12
鍵コメさんもよくなりますよ。筋痛症なんですから。

Commented by エデン at 2007-08-24 22:46 x
3日間の治療、ありがとうございました。
「もう大丈夫。ほっとけ」と太鼓判を押されてしまった手前、自宅でリハビリというわけにもいかず、仕方なく今日から会社に行くことにしました(笑)。
治療前は自宅から最寄り駅まで歩くのがやっとだったのに、何の問題もなく会社に行って帰って来れました(途中、寄り道もしたりなんかして)。
的確な診断と適切な治療に改めて感謝しています。
でも、「走れるよ」とも言われましたが、いくらなんでも、先生、そりゃ無茶です。
子供に引っ張られて思わず走ってしまいましたが、バランスを崩し3歩目でコケてしまいました。
いくら症状が改善して嬉しいからといって、調子に乗りすぎちゃいけませんね(笑)。
ともあれ、「飛行機代をかけてでも行く価値はある」と、特に遠方で同様の症状に悩んでおられる方にお勧めしたいと思います。
Commented by junk_2004jp at 2007-08-24 23:16
エデンさんようこそいらっしゃいました。足首や拇指が背屈困難だった理由は、神経のせいではなくて、筋肉に原因があったのです。だから短時間で改善しました。

調子の悪い筋肉をよくマッサージ、ストレッチしてください。


<< 慢性の膝痛、手術をしたけれど      愛犬の死とMPS >>