心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 08日

整形外科医より2

早速お返事いただきありがとうございます。
どういたしまして

馬尾症候群以外はほとんどトリガーポイント症状で、脊椎の骨折、腫瘍、感染症以外では手術が必要になることはないと考えて宜しいでしょうか。
痛みとはC線維のポリモーダル侵害受容器の興奮にほかなりません。つまりNaチャンネルを開いて脱分極させるエネルギーが必要です。構造がエネルギーを持つことはありませんので構造が原因で痛いということはありません。

現にすごい変形をした脊椎でも痛みもなく元気な人はめずらしくありません。その逆に全く正常な脊椎でも痛みが強い人もいます。

痛みと構造は別問題です。平行して考えればいいのです。痛みは痛みの治療、構造は治す必要があるのなら構造の治療をすればいいのです。

それを痛みと構造があたかもリンクしているかのように考えて治療するから、辻褄が合わなくなります。

手根管症候群のしびれ感、夜間痛、母指球筋の萎縮はどのように考えたら宜しいでしょうか。
私は手根管症候群について臨床経験が豊富というわけでも深く研究しているわけでもありません。

夜間痛とか手を振ったら楽になるとか背屈位のシーネ固定とか、ステロイド+局麻の注入が効果があるとかいわれていますので、手根管部での静脈性の鬱血かなと想像しています。

真の意味の正中神経の絞扼によるものもあるのかもしれませんがほとんどお目にかかれないのではないかと思います。

手根管症候群の治療は不用
手根管症候群における疼痛発生機序

圧痛点がないと思われる場合がありますが、圧痛点の探し方が間違っているのでしょうか。
圧痛点とは痛覚が過敏になったポイントです。脳と末梢の圧痛点と情報のアップロード、ダウンロードが行われているわけです。理論的にはこのようなアップロード、ダウンロードが行われずに、脳内だけで痛みの認知がされている(真の意味の精神痛)場合は圧痛点がなくてもいいわけです。いわゆるヒステリー的な痛みとでももうしましょうか。

しかしほとんどの場合は圧痛点があります。腸腰筋とか肩甲下筋はその知識がなければ見つけにくいです。太った人の腰方形筋など深い筋肉も見つけにくいでしょう。

トリガーポイントチャートを参考にして練習すればわかるようになると思います。

関連痛の部位から、原因となる筋を同定する場合、1つの筋にしぼれない時は鑑別法はありますでしょうか。
一つの筋というほうが少ないでしょう。たいていいっぱいあります。僧帽筋、棘下筋、上腕二頭筋などというように。

最初は一つの筋肉なのかもしれませんが、痛みが痛みを呼びひろがっていくのかもしれません。

ある筋に圧痛点が複数個所ある場合、どの部位に注射したらよろしいでしょうか。注射の深さは筋膜直下で宜しいでしょうか。
27Gの細い針をつかって患者さんと会話されながらやればいいでしょう。
「これでちょっと動いてみて、楽になった?」
楽になったとおっしゃればそれでいいのです。まだ楽にならないとおっしゃればもう少し探してみてください。

深さは解剖図をイメージしていろいろやってみてください。アバウトでいいのかもしれません。とにかく試行錯誤で慣れてくればいいのだろうと思います。

トリガーポイントをやっている鍼灸師の本を読んでみるのもよいでしょう。

さらに色々疑問点が出てきました。ご教授いただけますでしょうか。よろしくお願い申し上げます。
私が理解している範囲でお答えします。ただし、それは正解でないこともあるでしょう。そこは皆さんのご意見をお聞きしながら理解を深めていきたいと思います。

先生のお考えを私の周囲の医師に紹介しても相手にされませんでしたが、先生の近隣の医師はどのような反応でしょうか。
ご存じのように、整形外科医は筋肉に対してほとんど興味を示さないというか無関心なものです。ほとんどがMyo-Painであるというのに。

専門医の資格継続の研修会でも私はもう何回受講したか分かりませんが、「筋肉の病理」についての講義はないようです。

これでは、患者さんは次第に整形外科に見切りをつけます。

慢性疼痛がトリガーポイントブロックだけでよくなるとは思いませんが、我々の持っている最強の武器であることには間違いありません。

本日来院された33歳の女性の方、頚のレントゲン6枚、腰のレントゲン6枚、骨盤のレントゲン1枚、MRI多数、持ってこられました。それで、答えは異常ない、ちょっと、4/5番が前屈したときに狭くなる(w)・・・・。ヘルニアでもあれば医師も説明しやすかったのではと思います。抑うつ状態+慢性の筋筋膜性疼痛症候群(多発)だと思います。

近隣の医師と交際していませんので、お話することはありません。

[PR]

by junk_2004jp | 2007-09-08 08:20 | 痛みの生理学 | Comments(9)
Commented by SMT at 2007-09-08 18:20 x
はじめまして
いつも拝読させて頂いてます。

ひとつ質問させて頂きたいのですが、構造の変成や変形により周囲筋膜、筋繊維の癒着を起こして痛みを出すのは「あり」でしょうか?
当方素人の頸椎症患者です。
Commented by junk_2004jp at 2007-09-08 18:38
はじめまして

なしでしょう。癒着や短縮が痛みを起こすことはないと思います。短縮は痛みの原因ではなくて、結果だと思います。

短縮や癒着が筋の微小損傷をおこしやすいといえるかもしれませんね。

ワケあり筋を持つことは人間にとってやっかいなことでしょう。
Commented by SMT at 2007-09-08 19:38 x
うわっ、ものすごい速さで
回答ありがとうございます m(_ _)m

そうなんですか。
自分の首でそれらしい感触を感じつつ回復を続けているものですから、そのような事ではないかと考えておりました。
また様子をみながら考えてみます。

ありがとうございました。
Commented by ひつまぶし at 2007-09-08 20:20 x
>近隣の医師と交際していませんので、お話することはありません。

なんだか、、、すごくサラリとしていて、みょうに私の心に響きました(^^)
Commented by シャルル at 2007-09-09 12:14 x
ファイル505について
メンタルクリニックで、お薬をもらうようになってから、緊張性頭痛と思われるのは、少なくなりましたが、偏頭痛は、時々あります。
でも、偏頭痛の薬(マクサルト)を飲んで、脳貧血状態になってから、そのときのことを思い出すと、偏頭痛が軽くてすむようになりました。これは、イメージによって、脳の血管が収縮するようになったのでしょうか。それとも、、メンタルクリニックの薬が効いているのでしょうか。
Commented by junk_2004jp at 2007-09-09 20:51
どうなんでしょうか?

Commented by ハイジ at 2007-09-09 21:17 x
私は理容師ですがたしか昔手根管症候群といわれました
その時は早い人はは1ヶ月くらいで 親指が使えなくなる人も・・・
手術する?簡単だよ ・・っていわれましたが 動かなくなったら
お願いします・・でその後なにもしていませんが 今も理容師を
しています たしか10年以上前のことです 今その先生は 独立されて町1番の 足の間節を取り替えるのが上手との評判です
Commented by シャルル at 2007-09-09 21:20 x
どっちでも、いいことにします^^。どっちにしても、軽くて済むので。
マクサルトを飲むと脳貧血になるのは、「いいこと」だそうです。薬が効いているので・・・。でも、外出先で、飲めなくなってしまったので、飲んだときのイメージだけは、再現させてます。
先生に注射してもらったら、起きなくなるかもと、思ってるんですが・・・。
それは、またの機会に、お願いするとして。
Commented at 2007-09-14 23:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< なぜヘルニアのときはこの理論が...      整形外科医より1 >>