心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 20日

脊椎疾患でない

腰痛や頚痛、四肢の痛みやしびれは脊椎疾患でないのに、脊椎学会がかってにそう思いこんでいるところにこの問題の難しさがある。

脊椎の骨折、悪性腫瘍、感染症を除くことができれば、それはもう脊椎疾患ではない。

筋痛症なのだ。筋痛症の患者を脊椎脊髄専門医が診ているというねじれが問題なのだ。

椎間板性の痛み、椎間関節性の痛み、その概念はわかるが、それなら圧痛点はないのではないか。

神経根性の痛み、これにいたってはその概念も理解できるものではない。

その概念は医者によって作られたのだが、それに沿って治療すると失敗してしまう。

どれだけ変形した脊椎を持っていても痛みのない人はたくさんいるものだ。その逆もしかり。

日本筋痛症学会、ありそうだが、ない。
[PR]

by junk_2004jp | 2007-09-20 21:44 | 痛みの生理学 | Comments(8)
Commented by ひつまぶし at 2007-09-20 23:14 x
先生、こんにちは★お風邪はもう快復なさいました・・?

かねてより私は疑問だったのですが、、、

>脊椎の骨折、悪性腫瘍、感染症・・・
これって、今はもう少ないのでしょうか?

まだまだ多いのなら、脊椎脊髄専門医はそっちで忙しくて、「筋痛症?そんなの、かまってられないよ」って門前払いするところでしょ?

なんでもかんでも、自分のテリトリーに抱え込んぢゃって、あげくにズレた治療をしてたんぢゃ・・・ね。
Commented by junk_2004jp at 2007-09-20 23:33
骨粗鬆症による圧迫骨折はしばしばあります。この痛みは二次的に生じたMPSです。圧迫骨折そのものはしばらく安静で治癒します。最近ではセメントを注入する方法があります。(保険外)

悪性腫瘍はほとんどが転移癌ですので、脊椎が原発になることはきわめてまれです。

感染症は結核などごくたまにあります。
Commented by ひつまぶし at 2007-09-20 23:49 x
結核・・・ 脊椎カリエスですね?

>最近ではセメントを注入する方法があります
Σ( ̄ロ ̄;)
Commented by シャルル at 2007-09-20 23:58 x
>最近ではセメントを注入する方法があります
テレビで、見ました。すごく痛がっていた方が、すくっと歩いてました。

でも、先生のファイルの中に、セメント入れたら、上下の椎体に負担が掛かって、またつぶれるっていう、研究が載っていたような。
Commented by TK at 2007-09-21 00:34 x
脊椎カリエスと言えば、正岡子規。
金沢の文豪と言えば、室生犀星。

でも、本当はあと二人。金沢三文豪。
さっき、知ったばっかり。>私
Commented by junk_2004jp at 2007-09-21 00:59
痛みを伴うことのある脊椎疾患は「脊椎の骨折」「脊椎の悪性腫瘍」「脊椎の感染症」です。

ほとんどは筋痛症で脊椎と関係がありません。
Commented by TK at 2007-09-21 01:07 x
坐骨神経痛
ICD10にはある。 M5428
病名でなく、症状なのだが…。

筋筋膜性疼痛症候群
ICD10 探すだけ無駄ね。

ただの言葉遊びだね。名医ほど、雑務が増える。
http://mediasabor.jp/2007/08/post_181.html
Commented by シャルル at 2007-09-21 14:43 x
>椎間板性の痛み、椎間関節性の痛み、その概念はわかるが、それな ら 圧痛点はないのではないか。

ここが、よくわからないのですが、圧痛点があるのは、別の原因も含めて、あるとして、椎間板性の痛みや椎間関節性の痛みが、急性に発症すりってことは、たとえば、ぎっくり腰状態のときとかにあるということは、考えられますか?
つまり、慢性痛の人が急性痛を起こしているという状態ですが。


<< 椎間板症、椎間関節症      整形外科医より >>