2007年 09月 21日

椎間板症、椎間関節症

脊柱管狭窄症にしても椎間板ヘルニアにしても

椎間板症、椎間関節症にしても変性したものは痛いんだという先入観が概念を形成しているように思う。

変性(老化)すると痛覚神経が組織に侵入するといわれている。痛覚神経が設置されると痛むという理屈はない。足裏なんて痛覚神経は密にあるではないか。

b0052170_1823850.jpg

b0052170_1825219.jpg

この図はいずれも、生食を注入したときに感ずる関連痛をしめしたものだ。疼痛誘発テストをして、普段かんじている痛みが再現すれば、そこが原因だと診断するわけだ。

このような疼痛誘発は日常ではあり得ないし、その痛みは瞬間的なので患者は判断できないであろうが、医師の誘導尋問にひっかかる可能性はある。

椎間板や椎間関節が痛みの源となっている可能性はないとはいえない。そこに痛覚神経が存在するのだから。

ただし、このような深部の組織に対して、外部から圧力を加えて痛覚過敏を調べられるものだろうか。

圧痛点はないと述べたのはそういうことなのだ。関連痛には圧痛点はない。脳が痛みを認知しているだけなのだから。

疼痛誘発テストで診断するのではなく、「治療的診断」をすべきなのだ。局所麻酔を注射したらどうなるのか観察すればよいのだ。

ほとんどの腰痛には圧痛点が存在する。大腰筋などの深部の筋は太った人ではわかりにくいが。

その筋肉に局所麻酔を注射すればたいてい痛みはとれてしまう。慢性化とは、パターン化、習慣化ということで、脳ー筋のネットワークの不具合なのだ。
[PR]

by junk_2004jp | 2007-09-21 18:19 | 痛みの生理学 | Comments(8)
Commented by シャルル at 2007-09-21 19:10 x
詳しいご説明、ありがとうございます。
確かに、「ここが悪いと、このラインがこう痛くなる」という説明が、診察の中であると、あとで、必ず、その部位の痛みは増強してました。誘導されているということですね。脳が喜んで、受け入れている・・・。
ぎっくり腰状態のときでも、痛みはTP注射でとれるということですね。
DRが、許してくれないかもしれないけど。
たぶん、関節ブロックか、硬膜外ブロックになると思います。
Commented by TK at 2007-09-21 20:06 x
インターネットってホントに便利。

http://minds.jcqhc.or.jp/0017_ContentsTop.html
Commented by 五藤 at 2007-09-21 20:11 x
>関連痛には圧痛点はない。
はい、ここが重要ポイント。今度の試験に出ます。
Commented by junk_2004jp at 2007-09-21 20:46
TKさんありがとう。リンクしておきました。
http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_460.htm
Commented by ひつまぶし at 2007-09-21 22:13 x
疼痛誘発テストを経験したことないからわからないけど・・・

なに? 意味ないわけ? (´・ω・`)
じゃあ、どうしてやるんだろ?????
・・・・・???

老化と痛みは直接の関係はないんですね。
なんだか安心しますた(^m^)
Commented by シャルル at 2007-09-21 22:53 x
>疼痛誘発テストを経験したことないからわからないけど・・・

神経根ブロックで、関連痛を起こして悪い椎間板を特定する・・・。何回もやってもらいました。全身汗びしょに、なります。
頸のときは、注射器が迫ってくるのがわかって、怖いです。あの痛さで、筋肉が緊張して圧痛点を作っているってことは、ないのかな。
関連痛に圧痛点はないから、そんな心配はないのかな。
痛み止めを入れるときの痛さもまた、格別。

Commented by ひつまぶし at 2007-09-21 23:22 x
シャルルちゃん、痛い思いをたくさんしてきたのね。
よくがんばってのりこえてきたね。

よし。ここはひとつ、お世話になった先生方にご恩返しに、先生方にも神経根ブロックをしてあげたいものですね。
どんだけ痛いかわかるか~~~~っての。
(これぢゃ復讐劇になっちゃうね)
Commented by シャルル at 2007-09-22 00:12 x
ああいうことが、すべて、無意味だと考えたら・・・。
先生方も、患者さんも、あちらから、こちらへ来られないのは、仕方ないのかも。受け入れがたいですよね。特に、専門医の先生方は、受け入れたら、うつになっちゃうかも。


<< 整形外科医院に「腰痛は脳の勘違...      脊椎疾患でない >>