2007年 10月 14日

松井選手の膝痛

Buckling Knee Syndrome

ヤンキースの松井選手は膝がかなり悪いそうだ。水がたまっているとか。それで手術をすすめられているそうだが、本人は乗り気でないということだ。

清原選手のこともあるし、手術がほんとうにいいのか疑問のあるところだ。

昨年の手首の骨折したとき、膝も強く打ったかひねったかしたのだろうか。多分にそういうことが考えられる。内、外側広筋などの筋筋膜性疼痛症候群ではなかろうか。

______

昨日の患者さん、1W前バスケットをしていて、特にはっきりとした外傷を受けたわけではないが、急に膝が痛くなり、痛みが軽減したあと、膝の不安定感、違和感がつづいている。

内側広筋の筋筋膜性疼痛症候群だった。圧痛点が数個あったので、ブロックすると症状は消失した。マッサージと軽いストレッチをするように伝えた。
[PR]

by junk_2004jp | 2007-10-14 01:16 | 慢性痛 | Comments(2)
Commented by じゅん at 2009-04-20 09:39 x
松井選手、また膝に水たまったようですね。
結果的に手術は一時しのぎだったようですね。
まだ活躍して欲しいのに・・・
Commented by junk_2004jp at 2009-04-20 21:59
筋肉の治療をしたらいいんですね。


<< 金本選手、半月板の手術を決断      膝痛2例 >>