心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 28日

皆さん、これを読んで心が辛くなりませんか。

6月末にMRIでヘルニアと診断されて7月中旬に今までにない腰から足に激痛で即入院 。去年、腰の痛みで整形に行きレントゲンでは異常なく、坐骨神経炎痛と診断された。 今年5月に左足に麻痺らしい感覚が出てきたから他の整形に受診。 レントゲンで異常がなく牽引・腰痛体操で様子をみるように言われる 。

腰痛体操した次の日にいつもと違う痛みがあり、寝て過ごす 。整形にて再度牽引 。痛みが日に日に強くなり座れない状態になる 。で、MRIにてヘルニア判明!

入院した時は腰の方が痛かったけど、今は坐骨神経痛で寝たきりです 。痛い・麻痺していた足も、左→右→左と変わっていくほどヒドくなる 。

入院していた時にステロイド点滴をして安静にしていたら、腰の痛みが引いたから、今はステロイド剤を飲んでいるけど三週間経つが痛みは引いてくれない 。座薬だけで過ごしている 。

身内にヘルニアがいるけど、普通に市販のコルセットで生活できているので、そんなに心配していなかったのに、私の状態は「なんで?」って思う位違う 。

こんなにヒドくなるなら、7月に入院した時に手術すれば良かったと後悔… 動けるうちに精密検査受けていればよかった。

手術予定の入院を控えているが、検査とか痛い上に痛いことしなきゃとか痛い体勢とらなきゃと思うだけで憂鬱 。


痛みがなぜ左→右→左と変わったのか医師に質問しないのか。
身内にヘルニアの人がいるけど普通に生活できているのはなぜか医師に質問しないのか。
前医は徹底的に検査をすべきだったのか?

赤星くんは頚のヘルニアで盗塁してるんだぞ!

この方の運命はいかに?医師よしっかりせい!思考する脳みそがあるんか!
[PR]

by junk_2004jp | 2007-10-28 07:54 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(5)
Commented by syaruruk at 2007-10-28 08:30
言葉が、見つかりません。
手術の前に、こちらに気づいてくれればいいのに。。。
Commented by sansetu at 2007-10-28 11:26
整形で渡されるプリントに描かれている「腰痛体操」。クセモノです。
痛いのを我慢してやると、余計に痛覚神経が過敏になる人がいます。まあ、当たり前といえば当たり前のことなんですが、このあたりのセルフメディケーションをきちんと指導できる医師は極めて少ないようです。
痛みの出ない、「楽な気持ちのよい積極的な動きやボーズ」が神経の興奮を鎮静してくれます。
Commented by junk_2004jp at 2007-10-28 20:09
マッサージを慰安だと思っているふしがあります。医療行為なのに。
Commented by ひまわり at 2007-10-28 22:24 x
担当医師とリハビリの先生と、もっと一緒になって痛みについて話し合いがしたかった。ぎっくり腰⇒こじらし⇒牽引・電気⇒効果なし⇒入院様子見⇒神経根ブロック・ミエロ造影検査手術するほどでないヘルニア発見⇒だんだんウツになっていきもう手術しかないと思い手術。(この最後の段階のときにもっともっと先生と話したかった。今となれば後悔遅しですけど・・。今は筋痛症を広めるのに同じ痛みで苦しむ人に伝えたい気持ちでいっぱいです。
Commented by syaruruk at 2007-10-29 08:26
整形では、マッサージや、痛み止めや、湿布などは、すべて、一時しのぎで、筋力アップが、解決策。と思っていますね。
手術でさえ、元通りにする方法ではないわけだし。「治りません」っていうのが、口癖みたい。
筋力アップするためには、腰痛体操。。。頸の体操。。肩の体操。。いろいろ教えてもらいました。
AKAとか、オステオパシーでは、筋力アップの運動は、止められました。柔らかくするのが先決と。


<< 紅葉      慢性腰痛(腰のCMP=chro... >>