2007年 11月 26日

朝日新聞の記事より

b0052170_1514291.jpg


痛みとは?
なぜ慢性化することがあるのか?
それを防ぐにはどうしたらよいか?
一旦慢性化したものに対してどう対応すべきか?

ヘルニア、脊柱管狭窄症、軟骨障害などを痛みの原因だとする20世紀のまちがった医学をはやくさようならすべきです。

それには、厚生労働省の責任が大きい。今の保険診療は壁になっている。保険診療を早急に見直すべきだ。
[PR]

by junk_2004jp | 2007-11-26 16:24 | 慢性痛 | Comments(8)
Commented by keisyan at 2007-11-27 07:51
愛知医科大学の付属施設ですね。
12月1日に開催されるシンポジウム内容は、「脊椎・脊髄および神経根に起因する痛みのメカニズムと治療」ですか・・・
Commented by 五藤 at 2007-11-27 08:10 x
記事といえばこういった記事も。
負荷の少ない運動が線維筋痛症を緩和(薬事日報から)
http://www.yakuji.co.jp/entry5066.html?ym071127
Commented by ひつまぶし at 2007-11-27 09:27 x
朝日の記事、私も読みました。

痛みの治療=リハビリ  という概念がちょっとどうなのかな?という印象を私は持ちます。
リハビリの医学的定義はわかりませんけど。イメージとして後遺障害を持つ人の社会復帰・・・?廃用部分の運動機能向上・・・?

リハビリというより、それこそが痛みの治療(たくさんあるメニュー・アプローチのうちのひとつ)そのものなのではないのかな?って、シロウト考えでは思うのですけど。
Commented by syaruruk at 2007-11-27 09:39
ここでは、リハビリ=理学療法・作業療法などと考えると、治療のひとつという感じになりますか。
線維筋痛症にも、有効ということですね。体の状態に合わせた、運動(理学療法)。
Commented by junk_2004jp at 2007-11-27 13:55
ケイしゃんの情報はどこにありますか?
Commented by syaruruk at 2007-11-27 17:55
これだとおもいます。学際センターのお知らせ欄。
http://www.aichi-med-u.ac.jp/paincenteramu/oshirase.htm
Commented by keisyan at 2007-11-27 18:17
シャルちゃん、ありがとう。。。それそれ、それでーす。
Commented by syaruruk at 2007-11-27 18:51
へへへ。出すぎたまねをm(__)m
でも、私も、これ見て、『あれれ』と思ったのでした。


<< 筋痛症      反対側に症状のある腰椎椎間板ヘルニア >>