2007年 11月 30日

痛みを診ることのできない医師たち③

先生の苦しんでいる者への治療、研究、そして尽力により多くの報われない方々が救われ、酷い矛盾だらけの医学医療がよい方向に向いてくれる事を心から願うばかりです。

絶望的な中心部の深部筋腱病で生活の質QOLをすべて奪われた・・・・・・
b0052170_23561377.jpg


このような出だしで始まるA4版60枚を超える書簡をいただきました。ありがとうございました。

現代医学に失望し怒りを抱いていらっしゃることが書かれています。ご同情申し上げるとともにどうか快方に向かわれることをお祈りします。

b0052170_23563520.jpg
図は書簡から

この図のように、レントゲンやMRIで異常がない場合は、医療の対象にされないか、精神的な問題とされ精神科に回される。そこではうつ病や神経症という診断がされて抗うつ薬や抗不安薬が処方される。しかし一向によくならない。厄介者の患者というレッテルが貼られる。

しかし、これとは逆のケースも多くある。レントゲンやMRIで見つかった健常人でも見られるような異常を痛みの原因だと誤認されることだ。いつのまにかそれは世間ではあたりまえのことのように思われるようになってしまう。その代表的なものが椎間板ヘルニアであり、変形性膝関節症だ。

ブログの推奨本等から「椅子が怖い」・・・神経症・・・フィルムの骨がなんともなければ、とどのつまりはこういう解釈なのですか。これではフィルムの骨さえよければそれでよしの何々外科(整形外科や口腔外科)の概念と結局同じではないでしょうか。・・・・・・

「腰痛は脳の勘違いだった」「椅子が怖い」・・・等々を私が送った長文に出てくる顎関節症の第一人者***歯科医師や***精神科大学教授がみれば大喜びするでしょう。・・・・・・


このあたりは誤解があるようです。痛みは筋肉にspasm(攣縮)をおこし、筋肉は次第に短縮していきます。
b0052170_319969.jpg

神経回路は可塑的変化が生じます。
b0052170_321182.jpg
愛知医科大痛み学講座ホームページより


慢性痛の治療にあたっては、筋肉にだけの介入ではうまくいかないことも多いものです。時間的、経済的にも自ずと制限があるわけですから。抗うつ薬や抗不安薬は痛みの回路に介入する薬です。うつ病や神経症だから処方するのではありません。とにかく慢性化した痛み、難治な痛みには多角的に治療にあたる必要があります。
[PR]

by junk_2004jp | 2007-11-30 23:56 | 慢性痛 | Comments(1)
Commented by keisyan at 2007-12-01 08:42
大きく凹んだピンポン玉がお湯で上手くボコッと戻る場合もあれば、見た目はそんなに酷くなくても全体的に歪んでしまったもの戻すのは難しいですね。


<< 痛みを診ることのできない医師たち④      ANA >>