2007年 12月 02日

痛みとは②

痛みの学問がまだ十分でなかった過去は過去のこととして、めざましい痛みの科学の進歩に基づいて痛みの医療について考えようではないか。

痛みに悩む人を増やさないために、痛みに悩んでいる人に適切な医療を適切な医療費で提供するために。
いくつか国々では損傷モデルからゆっくりと脱却している。しかし米国では今も腰痛に関する時代遅れの考え方から抜け出せずにいる。先へ進むべき時である。 “70年間、我々は腰の「損傷」の概念と共に生きてきた。これ以上正当化するには欠陥がありすぎる。さらに、これは医原性である。これ以上研究を行う必要はない。その論理構成は、時を経て役に立たなくなってしまった”と、Hadler博士は述べている。(The BackLetter 20)


この割合(椎間板ヘルニアの手術)は現在下がり続けていて、神話がばらまかれて、少数の人の利益になるが多くの人の不利益になるような不名誉な時代は終わった。不利益をうけたある人たちは、手術の結果、明らかにいっそう悪くなった。

[椎間板ヘルニアの手術は70年以上もの間行なわれてきた。もてはやされたこともあったが、疑問が増し続けている。ヘルニアの突出と痛みはそれぞれ独立していて、痛みの発現におけるヘルニアの突出の役割ははっきりしない。

以前この手術を熱烈に支持していたマイアミ大学 は、今ではこの手術をやめて、厳密なリハビリテーションのプログラムを採用している。疼痛学序説 痛みの意味を考える   Patrick Wall著 横田敏勝訳より]

多くの患者と外科医が抱く、大きな椎間板へルニアを切除しなければ破減的な神経学的症状の結果を招くことになるであろうとの懸念は、全くの杞憂である」。Carragee博士は、「手術を受けるか受けないかの選択はつまるところ患者の好みの問題になる」と述べている。(BackLetter22)

[PR]

by junk_2004jp | 2007-12-02 19:26 | 痛みの生理学 | Comments(2)
Commented by TK(タク) at 2007-12-02 23:00 x
戦後、誰も椎間板が脊髄神経や馬尾神経を圧迫するとデムラトームに一致する部位に傷みが生じる事を確認した人は居ないのではないでしょうか?

by Jun Kamo,MD
1911年にGoldthwaitが「腰椎椎間板の突出が坐骨神経痛を引き起こし得る」と考えたのが最初だと思われます。しかし、この概念は生理学的にも疫学的にもまた臨床経過からも納得いく説明ができません。根症状という病態を生理学的にも納得のいく形で説明し、診断基準を示さない限り幻の概念ではないでしょうか。
http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/

Goldthwaitがどのような調査、実験によって、そのような事を論じたか知りませんが、少なくても科学論文は発表後、他の実験者が同じ実験を行い再現性があって認められるものです。その後、Goldthwaitの説を確認した人はいるのでしょうか。
Commented by TK(タク) at 2007-12-02 23:00 x
そんな、第一次世界大戦(1914年)よりも以前の話を21世紀まで引きずってるなんてナンセンスです。

>この30年の間に、痛みに関する神経科学はすばらしい勢いで進み、痛みのメカニズム、
>その治療についての理解は30年前とまったく変わってきております。
http://nime-glad.nime.ac.jp/semp/u-air/wm.asx?3u-air%2fspecial_lecture%2f014+123

椎間板ヘルニアで痛みが生じるなら、その証拠を見せてほしいです、21世紀の科学を駆使して。断っておきますが21世紀にアウシュビッツは有りませんよ。


<< 痛み・しびれと麻痺      痛みとは① >>