2007年 12月 04日

EBMとガイドライン

EUROPEAN GUIDELINES FOR THE MANAGEMENT OF ACUTE NONSPECIFIC LOW BACK PAIN IN PRIMARY
CARE
(プライマリケアにおける急性非特異的腰痛の治療に関するヨーロッパガイドライン)

EUROPEAN GUIDELINES FOR THE MANAGEMENT OF CHRONIC NON-SPECIFIC LOW BACK PAIN
(非特異的慢性腰痛)

いずれも次のようなトリアージに基づいて作られている。
●Serious spinal pathology(重大な脊椎病理)
●Nerve root pain / radicular pain (神経根性疼痛)
●Non-specific low back pain (非特異的腰痛)


日本の「腰椎椎間板ヘルニア診療ガイドライン」にしてもヨーロッパの急性、慢性の非特異的腰痛ガイドラインにしても、「神経根性疼痛」「nerve root pain」という概念が貫かれている。

この概念を崩さないかぎり、診断や治療がうまくいくはずがない。そうではないか。神経根部の圧迫(ヘルニアや脊柱管狭窄による)が、腰痛や下肢痛の原因だとするものだ。

痛みの生理学者はこの概念については無視しているようだ。日本の痛みの生理学の第一人者である愛知医科大痛み学講座の熊澤孝朗教授のホームページにはこの概念について記載はない。

イギリスの著名な痛みの生理学者Patrick Wallは、著書「疼痛学序説」で、「この割合(椎間板ヘルニアの手術)は現在下がり続けていて、神話がばらまかれて、少数の人の利益になるが多くの人の不利益になるような不名誉な時代は終わった。不利益をうけたある人たちは、手術の結果、明らかにいっそう悪くなった。

椎間板ヘルニアの手術は70年以上もの間行なわれてきた。もてはやされたこともあったが、疑問が増し続けている。ヘルニアの突出と痛みはそれぞれ独立していて、痛みの発現におけるヘルニアの突出の役割ははっきりしない。」と述べている。

神経根性疼痛とはどこで、どのようなメカニズムで、痛みの電気信号がおきているのか、はっきりさせるべきだ。それが第一歩だ。

痛みに関するEBMといっても、数値化や画像化はできないので、聞き取り調査、アンケート調査のようなものなのだ。根性疼痛という概念を信じている医師によって、説明をうけ、治療をうけ、聞き取り調査をされたアンケート調査なのだ。それがEBMといえるかどうか。私のように根性疼痛を信じない医師によって説明を受け、治療を受け、聞き取り調査が行われればまた違ったものになるであろう。
[PR]

by junk_2004jp | 2007-12-04 23:18 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(5)
Commented by 国松 at 2007-12-04 23:31 x
 先生、 そうですよな。

 元がまちがったとこから 始まってるのだから、これからも間違いは 続いていくだろうと 思います 。  でも 間違いに 気ずいてるわたしたちから 発信は 続けないと いけませんね、こんがらがってても やらな あきまへんなぁ。

                   (わかったようなこと医って すみません)
Commented by TK(タク) at 2007-12-05 01:51 x
私達が学校に通ってた時、理科は教科書つまり文献で知識を得ることのみならず、実験で体験して学ぶ物でした。

医学部の教育システムがどのような物なのか存じませんが、ヘルニアで傷みが発生すると言う事を体験学習した医学生はいないと思います。

では、どうしてヘルニアで痛くなると言うことになってるのでしょうか。多分、教科書に載ってるからではないでしょうか。そう、遠い昔から。

×ヘルニアで痛い。
○ヘルニアの人に痛い人がいた。
加茂先生のおっしゃりたい事はこう言う事でしょうか…。

脊髄神経を圧迫して痛くなるかどうか人間様では確認できません、倫理上。
動物では判りません。痛いって言ってくれないから。
Commented by TK(タク) at 2007-12-05 01:52 x
テレビで犬のヘルニアをやってたのを見た事あります。
犬でもMRIを撮ってました。お犬様も凄いと思いました。

さてこの犬は、傷みを訴えているのでしょうか?麻痺を訴えているのでしょうか?
「ワン」
→ 判りませんよね。

活動電位をみれば、傷みが発生してるか、してないかは分かるでしょうね。
活動電位で傷みの兆候が見られたとします。
それは、ヘルニアが原因によるものか?
→ 判りませんよね。
Commented by ねじれペンギン at 2007-12-06 11:12 x
獣医さんから教えてもらった簡単な犬のヘルニア判定は足の肉球を強くつまみます、麻痺なら反応しませんが痛みなら足を縮めたり動かします。
動くなら筋・筋膜痛ですから(加茂先生が言われる通り脱臼、骨折、腫瘍なければ)手術など必要なし、しかし人間同様手術という悲しい現実です。
マッサージで良くなる事もあるのですが・・・
Commented by TK(タク) at 2007-12-07 22:13 x
有難うございます>ねじれペンギンさん

>痛みなら足を縮めたり動かします。
ヘルニアが原因の傷み、、な訳ないですよねぇ。(;^_^A

ぼくらはみんな脊椎動物♪

HP拝見いたしました。
→藤原鍼灸整骨院


<< 痛みを診ることのできない医師たち⑤      言葉がないということは・・・・ >>