2007年 12月 08日

腰部脊柱管狭窄症

b0052170_17561271.jpg

この概念は本当なのだろうか?

神経が圧迫を受けるとしびれや痛みを感じるという生理学上の根拠はあるのだろうか。痛みやしびれ(異常知覚)があるということはC線維に活動電位が生じているということなのだが、どこでどういうメカニズムで生じているのだろうか?

治療家ならだれでも知っているが、臀筋に生じている筋硬結や強い圧痛をどう説明するのだろうか?この図は臀筋群の短縮痛とその関連痛と考えられるが。

私には理解できない脊柱管狭窄症が痛みやしびれの原因になるという概念によってどれだけ多くの人の治療がうまくいっていないのだろうか?

b0052170_1816148.jpg

b0052170_18102728.jpg
これは腰部脊柱管狭窄症の文献なのだが、鑑別疾患というところを見てほしい。筋筋膜性疼痛症候群がない。このように医師は筋肉が痛いのだという概念が欠落している。百歩譲っても鑑別疾患に筋筋膜性疼痛症候群があってもいいだろう。

筋筋膜性疼痛症候群を勉強すると、「脊柱管狭窄症の痛み」といわれている痛みの謎が解けてくる。

高齢者に根拠のないことに基づいて不安を与えているのではないだろうか。
最近は心の状態が非常に安定して来ております。そのせいか不安が無くなりトンネルの向こうに見える希望の光が段々大きくはっきり見えてこるように思えます。今迄、腰が痛くてやっとの思いでしていたことが気がつくと難なくこなしていたりして自分で驚いています。

気持ちに不安が無く、心が元気になって身体を動かしているうちに更に気持ちが安定して前向きに考えるようになっているという良い循環に入ってきたようです。まだまだ谷に落ち込むこともあると思いますが乗り切って行けると確信しています。
・・・・・・
_________________

雷鳥さんは腰下肢痛があり「腰部脊柱管狭窄症」という診断を受けていました。現在は、うつ状態に伴った筋筋膜性疼痛症候群という診断のもとに抗うつ薬の処方を受けています。
[PR]

by junk_2004jp | 2007-12-08 18:14 | 慢性痛 | Comments(4)
Commented by 五藤 at 2007-12-08 19:31 x
先生こんばんは。
レイアウト、変わりましたね。新鮮です。
このところの怒涛の解説、実に良く解ります。
本当のことって、すっと飲み込めて、かつ、スキがないですね。
あらゆる関係者に読んでいただきたいです。
Commented by kunimatu 国松 at 2007-12-08 22:26 x
最上段の絵を 見てると まだ そんなこと やってん のか と おもって ガックしします
 
わかって ませんよ。 ばかばかしい・・・・・・・・・・・m、、
Commented by bancyou1965 at 2007-12-09 00:01
偉い教授は、間歇性跛行を脊柱狭窄か、閉塞性動脈硬化かの見分けは、自転車なら前者はどこまでも行ける、後者はそうでないと言っていましたね。何故、脊柱管狭窄は、自転車ならどこまでも行けると言うのは、乗車姿勢が腰を前へ曲げた状態と言うだけでは、説得力に欠けますね
Commented by ひつまぶし at 2007-12-09 10:10 x
ええーーーっ   
ということは・・・ 偉い教授の診断では・・・ 
競輪の選手に脊柱狭窄はいないわけですか (^^)
スピードスケートの選手も大丈夫そうですネ


<< 痛みの疾患に対するガイドライン      侵害受容性疼痛 >>