心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 31日

古くて新しい筋痛症

ほとんどの痛みは筋痛症であるにもかかわらず、整形外科医は筋肉に関してほとんど知識がないといってもよいだろう。それはそのような教育を受けてこなかったためもある。私自身も知らないことが少なくないので、日々勉強である。

長年この仕事をしているとそれを痛切に感ずる。腓腹筋の筋痛症を腰からきていると診断されるのはごく普通のことだ。

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、変形性膝関節症などと言われている痛みも結局は筋痛症なのだ。筋痛症は鑑別疾患にも取り上げられていない。なにかそれについて触れてはいけないかのようである。

今の整形外科で受ける説明には矛盾がいっぱいある。それはこのブログで繰り返し述べてきたところだ。私はプロだからすぐにそれに気づくが、気づく患者さんもいれば、気づかない患者さんもいる。

「信じてしまうけれど、説明聞くたびになんとなく矛盾を感じるし、どこか釈然としていないから、「面倒な患者」になって見放されてしまい、さらに惑う。」teruさんがコメントで述べておられる。

他の掲示板では、2度目、3度目の患者さん、オリンピックの年たびに手術をしているかたもみられる。早く筋痛症という観点から症状を見直してほしいと願うのみだ。大切な人生だから。

手足がしびれていて頚にヘルニアがあれば頚部脊髄症と診断するぐらいのレベルなんだ。これが現実なのだ。

筋痛症は罹患した筋によっていろいろな症状をおこす。痛み、しびれ、冷感、むくみ、筋力低下、疲労、睡眠障害、うつ、耳鳴り、頭痛、息苦しさ、喉つまり、めまい感。

医師は画像診断、血液診断ばかりで、また最近は電子カルテの普及で、キーボードをうつのに一生懸命で、触診はほとんどしないことが多いと聞く。筋痛症は触診がとても大切だ。触診すればわかる。

画像や血液では筋痛症は異常がみられない。画像所見はどちらかというと筋痛症の結果なのだ。そのために異常なしといわれたり、誤診されたりしている。

筋痛症がどうして発症するのか。

繰り返される動作や外傷(手術)によって筋肉に微小損傷が発生して、筋硬結をつくる。わけあり筋になってしまうのだ。

筋痛症は不安や抑うつととても深い関係がある。筋痛症が不安や抑うつを生じさせるのか、不安や抑うつが筋痛症を持続させるのか。

筋痛症の概念がない整形外科医によって作られたガイドラインは信用できない。そもそも腰という臓器はない。どこからどこまでを腰というかきまりがあるわけではない。腰回りというとベルトのあたりのことでお腹もはいる。お尻は腰に入るのか。

同じ事で関節という臓器もない。骨、軟骨、靱帯、筋腱、半月板、粘膜、滑液包というパーツからなっていてその範囲も漠然としたものだ。

膝(関節)痛というと「関節が痛い」と思うが、関節とは何なんだ。隙間のことか?025.gif隙間が痛いわけはないし。どのパーツが痛みの発信地になっているか追求すべきだ。まず半月板、軟骨、骨のポリモーダル侵害受容器が存在しないパーツは除外することだ。そう考えるとほとんどが筋腱などだ(滑膜のこともあるが)。

この概念を早く普及させるべきなのだが、「適切な言葉」がない。筋筋膜性疼痛症候群では長すぎる。

「筋肉痛だからほっておいたら治ると思っていた。」五十肩でこのように言って受診される方がとても多い。筋肉痛はあっているのだが、あとが違うのだ。筋肉痛は決してそういうものではないのだ。短縮し始めた筋肉はほっておいたら元にもどることはないのだ。

筋肉を鍛えるのではない。できれば筋硬結を取り去りもとの長さに戻すことだ。ワケあり筋を鍛えてもだめなのだ。治療しないでいると29日のブログのように体は伸びなくなり歩行に支障をきたすようになることもある。
[PR]

by junk_2004jp | 2007-12-31 14:44 | 痛みの生理学 | Comments(7)
Commented by 五藤 at 2007-12-31 17:01 x
先生こんにちは。
先ほど同級生の内科医と話をしていたら、彼は腰のヘルニアで苦しんでいるという。
そこで筋痛症の話をしたところ、「そんな変なこといっているもんだから、いつまでも信用されんのだ。(実は私は昔から嘘つきで有名でしたので・・・・悲・・・)」とけんもほろろ。
説明し切れなかった自分も悲しいけれど、既成概念の壁を疑わない科学者(医者)も悲しい。
もっと勉強しなくちゃ、っていうのが来年の私の課題ですね。
先生、今年一年ありがとうございました。
来年も情報の発信を続けていただけますよう、お願い申し上げます。<(_ _)>
Commented by m_chiro at 2007-12-31 18:32 x
先生は、痛みの既成概念に楔を打ち込んでおられます。
その医師としての真摯な姿勢に、私は感動させられてきました。
痛み医療の現状をみますと、未だ道遠しの感、無きにしもあらずですが、正しいものはきっと広がりを見せると信じます。
今年1年間、ありがとうございました。来年もよろしく御指導ください。
佳いお年を!! 感謝を込めて。
Commented by junk_2004jp at 2007-12-31 21:22
みなさん、心強い同士です。よいお年をおむかえください。
Commented by にこ at 2007-12-31 23:54 x
今年も終わりが近づいてきました。
にこです。 お久しぶりです。 覚えていらっしゃるでしょうか?
毎日沢山の患者さんを診てて、いちいち覚えていられませんね。

でも、患者はしっかりと覚えています。
先生の、人として心の通った篤い診療を受けた事を。

正直、私にとって、不思議な印象の先生でした。 
こんなに患者と身近に接して下さる先生は初めてでしたから。

まず、心が元気になったこと。
そして、心から体が元気になって行った事。
先生の治療には癒しがありました。
患者は不安の塊ですから、どんなに力づけられたか知れません。

今では毎日元気で動き回っています。
たとえ痛い日があっても、もう怖くありません。
私の故郷、そしてケイシャンや、スタッフの皆さんも
どうか良いお年を。

先生も良い新年をお迎え下さいませ。

 
Commented by あたた at 2008-01-17 15:49 x
はじめまして、ちょいと調べ物をしようと思ったらここにたどり着いたので
質問させていただきます。都合が悪い時はスルーして下さい

実は4,5年前から手足が痛くなります。
症状としては、手足の指のつけ根あたりがむくみ痛みが出ます
ひどい時は重力にも耐えられない痛みです
つけ根といっても動物で言うにくきゅうあたりです
親指の時は手首あたりになる時もあります。足も肉球あたりか、かかとの内側あたりがなります。
糖尿病があるため最初は合併症だと思っていたのですが、数値が下がっても痛い為、最近になって合併症ではない。という見解になりました

先日整形に行って血液、レントゲンも撮ったのですが、結論はわからないそうです。現在試しにツムラ サイレイトウを一ヶ月服用するように言われましたが一向に良くなりません。

肉を食べると出やすい傾向にあるので通風かと思ったのですがそうでもないみたいです。
精神的にはかなり病んでいると思う現状の中、何かわかれば幸いです。
Commented by junk_2004jp at 2008-01-17 20:44
http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/images/img10.jpg
http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/images/img11.jpg
この図の中にありますか。
圧痛点を探して、そこに局所麻酔を打ってみればよいと思います。
痛みはいつの場合も治療的診断をする以外にないのです。
Commented by あたた at 2008-01-20 23:21 x
ありがとうございます
早速のお返事に感謝いたします

痛い時はあまり触らないのでわかる範囲で言います
手の時は10,11,12,14が怪しいです17もなります

足の時、ここで当てはまるのが9,12、今日は16
後、くるぶしは内側で完全にくるぶしの上です
夜になることが多いです。夕方から深夜。
痛みはいつもどこか一箇所ですが直りかけなのに他が痛くなることも良くあります。
完全に同時に痛くなることはありません。


<< 同じ病態での病名の統一が望ましい      腸腰筋 >>