心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 05日

痛みにはたしかに時間軸がある

痛み学NOTE⑧ 慢性痛には2つのタイプがある

慢性痛と急性痛は治療の難易度がちがってくる。

普段は痛くないのだが年に数回ぎっくり腰を起こし、そのたびに1W程度で治癒する場合はどう言えばよいのだろうか。やはり急性痛なのだろう。

普段は生活に困るほどではないが、軽い腰痛が続いていて、年に1~2度強い痛みになるが、そのつど1W程度で普段の軽い腰痛のレベルにもどる。このときは慢性腰痛の急性発作期とでもいえばよいのかな。

一般に6ヶ月以上続く痛みを慢性痛というようだが、時間は絶対的なものではない。体内時計は人それぞれだ。

http://junk2004.exblog.jp/7813873/

臨床痛み学テキスト

急性痛が慢性痛に変わったときには、マネジメント法を変更する必要がある。

慢性痛とは

原則として、痛みに特効する療法に基づいた治療、あるいは非麻薬性鎮痛薬のような痛みのコントロールの決まりきった方法に反応しないしつこく続く痛み。


急性痛と慢性痛の区別は、痛みの期間ではなく、より重要なことは、身体が生理的機能を正常な恒常性のレベルへ回復させられるか、させられないかである。


このように時間軸はあるのだが、体内時計は人それぞれなので、治療に対する反応によって区別する傾向のようだ。

長期の痛みでも急性痛の治療法によく反応して治癒することもある。この場合はやはり急性痛と言うべきなのだろう。

その逆もある。当初より慢性痛のような印象をうけることもある。

b0052170_15564193.gif


中井吉英教授(関西医科大)は急性期慢性痛という表現をしている。

痛みはやはり、治療をしてその反応を見て、評価をするしかないのではないか。

痛みは長くなるにつれて筋肉と神経系に足跡をのこす。
[PR]

by junk_2004jp | 2008-01-05 15:59 | 痛みの生理学 | Comments(8)
Commented by TK(タク) at 2008-01-05 16:34 x
問診表に「いつから」と言う欄があるのは何の為?といつも思っています。
Commented by syaruruk at 2008-01-06 14:38
私の痛いのは、慢性期急性痛と急性期慢性痛と慢性痛とが、混ざっていると思います。
Commented by 三節 at 2008-01-06 15:35 x
珍しく牧瀬洋一先生のブログで筋痛の話が出ていました。以下一部引用します。
『成人の半数以上が頚部痛のエピソードを有し女性では男性より持続性であることが多い。
特に、コンピューターを用いた仕事は頚部症状と関係することが多く、より特異的で、僧帽筋下行部分の痛みを伴うことが多く、この“trapezius myalgia”(僧帽筋筋肉痛)と称せられる。
この疾患では、"筋生検の結果、筋肉痛群では、有意にtype IIA線維が増加し、毛細血管床の増加と肥厚が見られる。筋肉痛群ではcytochrome c oxidase欠損線維が対照群に比べ増加しており、損傷・修復機転に影響を与えている”というのが一つの病因と考えられている。』
http://intmed.exblog.jp/6641213/

面白いのは筋痛部の器質の変化が「生検」で確認されている、というところですね。
Commented by 国松 at 2008-01-06 18:33 x
三節せんせい、、こんばんは。

「準備中」のブログ 、拝見しました。

三段階、三相、大中小、 そんあ考え方を おいら 目指しています。

  これからが 楽しみです。
Commented by sansetu at 2008-01-06 22:03
国松さん、こんばんは。
あら~っ、見られちゃいましたね(笑)。
これまでの認識の再点検・補修・交換作業等を行ないつつ、同時進行で「今の問題」にも対応していきたいと思っております。ありがとうございます。
Commented by 国松 at 2008-01-06 23:08 x
はい、見てしまいました。

おいら、以前より 曼荼羅図が 大好きで 考え方も 曼荼羅的なのが
いいのです。 あたまが きちんと 整理できてしまいます、なんか そんなで 三 が 好きなのです。 三という 数字には なにか 深いところで
隠れてる 大切な意味があるようにおもってるのですが、ま 世の中には そんな 奴も いるってことで 、きょうは おしまいです ^^。
Commented by アクビ at 2008-01-07 12:55 x
私の場合、最初の2回のぎっくり腰(2回目の発症は1回目の3年後ぐらい)はほんとに1週間程度で、たいした治療をすることもなくよくなってしまいました。しかし、今回の3回目(2回目のやはり3年後ぐらい)はやっかいなものになっていまいました。
慢性化は、知らず知らずのうちに進むということがよくわかります。
そして今思い返せばちょうど1年前の今頃は腰と背中の鈍痛、腕のしびれに悩まされていました。
当時かかっていた医者には取るに足らないものという扱いをされていました。
結局自分で気付くまで何も対処のしようがないんですよね(涙)
でも加茂先生に出会えて良かった!
Commented by アクビ at 2008-01-07 12:56 x
あ、そのとき医者にかかっていたのは変形性膝関節症といわれていたからなのでした(爆笑)
これはまったくの間違いです。


<< 早く目から鱗になって      同じ病態での病名の統一が望ましい >>