心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2008年 01月 30日

筋の緊張こそ痛みの真の原因だ

筋肉なんだけど。

Cーさんが興味深いサイトを紹介してくださいました。慢性痛に悩んでいる人は読む価値があります。

ヘルニアや脊柱管狭窄症は痛みやしびれ(ジンジンなど異常知覚)の原因にはなりません。
いつまでも古い医学に縛られていないで、早く治癒へのスタートラインに立ってください。

しつこい痛みに苦しむ人へ贈るー痛みが消える

       (慢性痛の構造と総合治療プログラム)


ニューヨーク・レノックスヒル病院慢性痛専門チームの実績から

http://www.geocities.jp/iyashinojidai/manseituu01.pdf

http://www.geocities.jp/iyashinojidai/manseituu02.pdf

http://www.geocities.jp/iyashinojidai/manseituu03.pdf

P.12

プログラムの技術コースにはいったとき学ぶのだが、筋の緊張をほぐすには多くのやり方がある。

今のところ心にとどめおくべき大事なことは、筋の緊張が慢性痛の第一の原因であることである。これはあなたが「神経性の疼痛」と診断されたとしても事実である。

神経は筋に囲まれ、筋が硬化すると神経を傷つけることになる。多くの場合(とくに座骨神経)筋の緊張こそ痛みの真の原因だ。


慢性痛にはもうひとつ原因がある。トリガーポイントだ。 トリガーポイントは筋の緊張や痙攣が長く続いたあと筋肉に形成される退行性の柔らかい小さなつぼである。

そしてそこから特定の部位を通して痛みを伝達する。だからそのつぼや筋肉の腱が骨や他の筋肉と結合している部位に直接注射などの治療をする必要がある。

注射に続いて、三日間特別物理療法が行われる。とくにトリガーポイントへの注射はこの領域で高度に経験を積んだ医師が行わなければならない。医師がこの種の注射がよいと判断したら、専門家を紹介することになる。

[PR]

by junk_2004jp | 2008-01-30 15:53 | 慢性痛 | Comments(7)
Commented by TK(タク) at 2008-01-30 22:22 x
MPSを知らないどころか、慢性痛を知らないのです。>医者。
慢性痛を診断できる訳、全体ありません。治療なんてもってのほか。
痛みそのものが病気なんですよ。

NSAIDsの説明書は、「病気そのものを治すのではなく、痛みの症状を和らげる」になってる。
痛みも、病気なんです。

医者:「早く、ヘルニアが吸収されるのを待つしかないですね」
医者:「そんなに痛いの?、たまには注射でも打ちましょうか?」
Commented by junk_2004jp at 2008-01-30 22:49
学校でそのように習うからでしょう。
でも10年もやってりゃ、気づかないと。

Commented by TK(タク) at 2008-01-30 23:14 x
プロトコールなのね。>臨床医はプロコールに関与しないのかぁ。
Commented by タカ at 2008-01-31 03:11 x
整形外科医のほとんどがMPSを知らない、知ってても信じない。
最先端研究をしている大学病院でもしかり。
ペインクリニックの麻酔科医ですら、MPSを信じてないのでトリガーポイントブロックを軽視している。硬膜外ブロックなどの大袈裟なブロックを崇拝しているような気がします。

医学界にMPSを広めるために厚生労働省が動いてほしい。
線維筋痛症の研究チームは発足してるみたいですけど。
死なない病気だからといって無視してほしくない。

MPSによる経済損失は数兆円規模でしょう。
無駄な医療行為にかかるお金、MPSによる労働損失。
日本の医学界は変革されるべき。
Commented by タカ at 2008-01-31 03:29 x
私は、4年以上前に頸椎捻挫でMPSになったようだが、その当時はMPSの存在を知らなかった。しかし、素人の私でも筋肉に問題がある事は感覚的に感じていました。それで、あらゆる病院でそれを訴えたが全く相手にされず、医師はレントゲンやCT・MRI画像とにらめっこ。医師によっては、私の訴えを嘲笑する人すらいました。

MPSという言葉を知ったのは、昨年4月、加茂整形外科のホームページで。
私の症状は、まさにこれではないかと思いました。
MPSに関しては、日本では鍼灸師界の方が医学界よりも進んでいることを知って、医師は何をしているのかと思いました。
医師と鍼灸師は、どうも仲が悪いようで協力体制が整っていない。
医師は東洋医学を下に見ているようだが、もっと謙虚になって互いに手を取り合って研究するべきだ。
Commented by junk_2004jp at 2008-01-31 10:57
タカさん、大変いいご意見を書いてくださいました。同感です。ここに埋もれてしまう?のはもったいないので、今日のブログに改めて掲載させていただきます。
Commented by タカ at 2008-01-31 18:31 x
加茂先生、お褒めの言葉ありがとうございます。
実は、私は2日前に加茂先生に直接メールして入院・通院相談をした者です。
本当に、多くのMPS患者を救うため、国を挙げて取り組んでほしいものです。


<< HOW  TO  TEACH ...      自分の考えを確認したくて閲覧し... >>